自由気ままなお絵描きの部屋。 略してペインティングルームN・F(笑) 愛がいっぱい詰まってます☆
HOTはやっとだけど。
お役目ご苦労様でした。
本当にどんどん見せてくれるんでしょうか?
つなぎの間によろしくお願いしますよ~(笑)

そしていよいよ次なる・・・なのね~。
もっと早いのかもと思っていたんだけど、今日からね(笑)
楽しそうな声が聞こえてきそう。
楽しいのは何より!
私たちにがっつり分けてくださいね♪


【2017/08/20 20:27】 | nao
|
はぁ~終わっちゃったんですよね~。
それももう1週間経ってしまいましたけど。。。
私は東京初日と大阪ラスト3日間を観劇したわけですが、初日から1ヶ月強間が空いていたので、どんな風に進化しているかが楽しみでした。
と言っても、初日のことはかなり薄れかけていましたが~(笑)

大阪3日間は、直友さんがゲットしてくださった席。
3日間ともとっても見やすいいいお席でありがたかったです 
センター、下手、上手の全て通路側で(笑)、圧迫感を感じることもなく、リラックスして観ることができました。
いわゆる爽快な風を感じる席もありましたしね~(笑)

この記事、かなり寝かせていたのですが・・・思い出したところだけ書いてみますね
いろいろとごっちゃになってそうですが。
話の流れは前後してるし、間違った受け取り方をしてるかもしれません。
ご了承を~。
めちゃ長いですぅ





初日に一番に思ったのが、舞台での見せ方がすでに進化している~!ということ。
これは、河原さんが細かく細かく演技のイメージを伝えてくださって、直人さんが直人さんなりの清隆を作り上げてきたんだということがよくわかります。
それをのびのび楽しく演じてるな~、舞台人として確かなものを掴んだんだな~、ということが一目で感じられました

初日から変わったところと言えば、皆さんのアドリブが増えて日によって変わるということですね?(笑)
直人さんは基本大きくは変わらないんでしょうけど、それでも皆さんの熱演にふっと素が出て笑ったり、アドリブらしき台詞が聞こえたりも少々加わって(笑)
でも熱量が大きくなって、感情がより一層入ってて全身で清隆を演じていたと感じました。
暴漢に襲われた2人を助けるシーン、アクションが初日にはちょっとスローな感じがしたけど、素早く決まってた気がします(笑)
お家でのシーンからは、あの太めのパンツなのに、なんて脚の長いこと~と、分かってはいたけど毎回惚れ惚れしたなぁ~。
お尻がキュッとしてて、後姿がまた素敵!(爆)←いやいや、これは誰もが思ったことですよね~?(笑)

報告があった通り、いろいろアクシデントもあり身体はきつかったのかもしれませんね。
大千穐楽、ソファーを飛び越える時、ヒヤッとしましたもん。
脚があがらなかったのか、背もたれを滑り降りるような感じで。
でもうまく滑り降りた感じでしたけど、腕に変な力がかからなかったかしらとちょっと心配に。
でもそれを引きずることなく安定してましたね。
その後もみなさん、もうノリノリで、音楽の効果と相まって凄くいいテンポで飽きさせないストーリーになっておりました。
皆さんそれぞれに見せ場があって、どの方のファンの方も満足だったんじゃないかなと。

清隆@直人さんの見どころに関しては、着替えのために袖に捌けるくらいと言っていいほど出ずっぱりで、ポジティブで懐の大きい素敵な笑顔満載のプリンス・清隆さんだったので数えきれないくらいあるのですが、私が毎回うっっと胸にきたところは。

ル・パシフィークに籾田さんに連れられて村田中尉がやって来てひと騒動あるシーン。
上機嫌でいなくてはいけないあの場所で、タブーとも言える言葉を発する村田中尉だけど、ホンファ、チーチャン兄妹の気持ちも村田中尉の気持ちも公平に受け止めた清隆に、人としての大きさを感じました。
真っ直ぐな正義と思いやりを嫌味なく身に着けた真なるプリンスだなと。
ホンファ、チーチャンに理解を示すのも友人として当たり前のことだけど、今は戦地へ向かう村田中尉の気持ちを少しでも落ち着かせてあげ送り出してあげることが必要で。
村田中尉の音楽は嫌いというくだり
「特に勇ましいだけの軍歌はまっぴらです」
戦争・・・勇ましい軍人さんも決して本意ではないのですよね。
その中で、「ではこれはどうです?」とアカペラで清々しく歌う“旅愁”に救われました(ホンファとチーチャンの気持ちは置いておいて)
ちょっとドキドキしたけど、伸びやかでしたしね~(笑)
それでも迷いなく送り出そうとする心遣い?の突撃ラッパ。泣けました。
敬礼をする村田中尉に、敬礼ではなく深々とお辞儀をする清隆。
それも真正面、客席にお尻を向けて。
そこには細かい意図があるんだろうなぁ、村田中尉に対する敬意の表し方に感動しました。

そしてもちろん!「定めの違いがなんだ!身分の違いがなんだ!」と熱く想いを告白するところ。
ホンファを強く抱きしめるところ、熱くkissをするところ。
ホンファに回す手で(笑)激しく優しく熱く・・・が充分感じられる・・・相変わらず上手いなぁ~。
最初は自分の立場を把握していて、本気になるほどホンファを傷つけることが分かっていたので思い留まっていた清隆だけど、溢れる想いに本当に全身で愛を表す清隆でしたね。

そんな舞台上での効果的演技も、舞台経験の多い他の共演者の方に負けず劣らずとっても馴染んでたと思いますし、それが私たちには新鮮で。
そして直人さんお得意の繊細な表情の演技もまた健在で、いろんな表情を見せてもらいました。
明るく楽しいだけじゃなく、暗の部分の複雑な気持ちの表情が切なかったなぁ。
貧民街でモーリーファを歌う少女とホンファを見る時、帽子を取って胸にあてるのは、やっぱり敬意の表れでしょうか。
自分の立場におごることなくそういう気持ちを表せるプリンス・清隆は本当に素晴らしい。

そんな部分を見逃した人には、いつもへらへら笑っている能天気なプリンスとしか受け取れなかったんでしょうね。
史実ではこの後悲惨な運命が待っているのに、こんな笑ってばかりでいいのか?主役の清隆のキャラが作りこめていない、という感想を初日後に読んでムカつきましたが(笑)、その人、その後も観劇されたかしら?
1回では分からないこと、気づかないことたくさんありますよね。
舞台ファンで偏見もあるんでしょうし(バッサリ!笑)

憲兵隊に連行され帰ってきた清隆が、二人は工作員だと言われたが信じないと笑っているのに、ホンファが告白してしまうシーン。
騙されてたと知るのに、「利用したんじゃない、僕を必要としたんだ」と言い切れる清隆さんは、どこまで前向きな人なんだろう。
それも兄妹ではなく男と女の関係だと言われ裏切られているのに、彼らが願うことと根本は同じ想いだと感じたのか、一緒に重慶に行こうと。力になれるならと。

ホンファを追いかけて声が枯れるまで名前を呼び続け、走り回る清隆さん。
センター上手通路という素敵な席を直友さんから頂いたので、構えていました(笑)←11日
清隆さんの爽やかな風を感じる・・・どころではなく(笑)、突風で力強い走りでびっくりでしたよ~。
でもその瞳はウルウルとしてとても綺麗でした。
この後はアフタートークでも話が出た通り、ブリーゼの構造上すぐに舞台裏に行くんじゃなくて、受付を通ってロビーのお花の前を通って関係者入り口から舞台袖に入るのかしらん?←これは想像。
あそこを走るのよね??小さい劇場だけど、一番走る距離が長いそうで。
確かにそこは1939年ではなく、2017年だわ~(笑)
本当にお疲れ様でした。
そして、キャストの皆さま、ランナー清隆の応援ありがとうございました!(笑)

この後でしたっけ?階段を踏み外すのは。
上手く転んでるように見えたけど、本当に倒れこむ勢いなんでしょうね。
いろいろ身体張ってる。

橋の上でホンファを見つけて熱く呼びかけるシーン。
想いを胸の内を叫ぶと言った方がいいかも。
両手を広げ全身で力強く演技してましたね~、一言一言が力強い!
「もう僕は身体ごと関わってしまったんだ・・・(中略)・・・僕を信じろ!僕を信じろ!」
こんなに熱く言われたら、私だったらもう力が入らなくて崩れ落ちて座り込んでしまいそうだわ~(笑)

最後のどんでん返しに次ぐどんでん返しは、ル・パシフィークのメンバーひとりひとり、どこでこの計画に気付いてたかのところまで検証出来てないので(笑)、ここはDVDが届いたら、じっくり観たいと思います。
清隆が憎い、嫌いなはずのチーチャンが一番背中を押したってことね。
そして壮さまが素敵~~(どのシーンもだけど)

確かに史実で清隆とホンファのモデルとなった二人には、辛い別れと悲惨な事実が待っていますが、戦争のない平和を取り戻すことを願って船出をするその先に少しの希望の光が見えて、辛くならず救われたラストでした。
そこには、二人の船出に手を貸したル・パシフィークみんなの想いも乗せているんですね。

最後は音楽劇の集大成(笑)、「オピウム・ラヴァーズ」を全員で歌い踊るというショーともいえる構成でしたが、何でいきなりギターを弾きだすんだ?という突っ込みはナシにしていただきたい(笑)
ツイ見てるとそういう人もいらっしゃったからね~(笑)
いやいや、あのギターの演出は更に盛り上がって効果的!何ともふさわしいラストで、グッと締まりましたよね。
ブラボーです(笑)
そりゃ~、拍手喝さい、自然とスタンディング・オベーションになりますよ。

オーナーの日出夫さんが言ってましたね。
「不機嫌な時でも無理して笑うんだよ。そうすりゃ大抵のことは何とかなる」←正確ではないけど
生きていく上でそうそう上機嫌でばかりはいられないけど、“上機嫌”にもっていけるよう努力していくことは大切なことだなぁと思いました。
村井パパ、壮さま、さとしさんはじめ、マイコちゃんは綺麗で秋夢乃さんの歌も素晴らしく、後輩くんたちも随所に活躍して、全てのキャストの方々が大好きになれたお芝居でした。
楽しくて、素敵な台詞が散りばめられていて、いろいろなことを教えてもらった、音楽劇『魔都夜曲』でした。

この華やかなCUBE20周年記念の舞台の主役に、直人さんを抜擢してくださって本当にありがとうございました。
ファンの贔屓目抜きに、このプリンス・白河清隆に適役なのは直人さんしかいないんじゃないかとさえ思えます。
『夢顔さんに~』を読んだ時にも思いましたが、終わってからはより一層思います。
近衛文隆さんは、誰もがうらやむような容姿と体躯をもち、誰をも魅了する笑顔の持ち主だったそうですから。
きっと、キャストの経験豊富な大先輩方も可愛い後輩くんたちも、同じ気持ちで終えてくださったのではないでしょうか~。

大千穐楽のカーテンコールの座長の挨拶も実に堂々としていて、安心したり感心したりでした(笑)
この企画を社長さんがとても気に入ったそうで、25周年にも何かやりたいとおっしゃってるようですね(笑)
はい、また盛大にやってください!その時も直人さんは中心にいてくれることでしょう。
その時は50歳!?、もうれっきとしたベテランだわね~。
私は生きてないかもしれないけど(爆)、出来れば見届けたい。
後輩くんたちもその背中を目指して進んでいって、大きくなっていってほしいです~。

あ、そうそう、12日に3列目の高齢のご婦人が携帯を鳴らしてしまわれました(笑)
切るまでごそごそと結構時間かかったかな
私はとっさに舞台上のサミー@コングさんを見ましたよ(笑)
コングさん、ニヤニヤしてらっしゃいました~。嬉しそうだった?
そして大千秋楽の日には、注意事項としてそのことを言って、
「恥ずかしいですからね~、みんなに見られますからね~、絶対に切ってくださいね~」
と言われておりましたわ(笑)


長々と失礼しました。
ぐちゃぐちゃまとまらない文章を書いてしまったけど、やっと終わった~、もう忘れよう~(笑)
はい、次に行きます!ライブですね!




追記を閉じる▲

【2017/08/20 16:10】 | nao(stage)
|


まりりん
素晴らしい感想ありがとう!
お待ちしてましだ。自分じゃ書かないけど人様の感想読むのは大好きです。長文読み応えあって、うんうんそうそうと頷きながら読みました。
文隆さんがシベリア抑留されたのはあの後の話だし、魔都は若い頃の話だし、あれは私もムカついたわ。あんなに浅い見方しか出来ないでよく漫画家がやれるもんだと。
清隆の真っ直ぐさ、純粋さ、が大ドンデン返しな結末になったのが納得だし、皆が惹きつけられる魅力あるチャーミングなプリンスは直人だからこそだと私も思います。
初日を見た次の日にチーチャンの表情を見て、改めて上山くんは上手いなと感心しました。あっここちょっと複雑とか、自分はまだ友達と思ってないのに真っ直ぐに友達じゃないかと言われてちょっと心が揺れてるとかいうのが伝わりました。
本当にキャストの皆さん、それぞれが素晴らしくていい舞台で、妄想小説が書けないという実に目出度い結果になりました(笑)
余程のことがない限り5年後も元気でいるよ(笑)

Re:
ちぃな
まりりんさん、こんばんは。
こちらこそ、こんな拙い感想に感想をありがとう!
なかなかね~、記憶力が・・・v-356なもので、前に進まなかった~。

そうそう、思い出した!漫画家さんだったね。
どんな作品を描かれる方かも全然知らない人だったけど。
本当に作品の観方が浅い人だったわね~。
想像力も妄想力も働かせられないのは致命的じゃないのかしらん?(言っちゃった~笑)

そうね、チャーミングなプリンスということも直人だからこそですね!
はい、私も小西くんの表情には途中から気付きました。
彼は経験を重ねてるから、やっぱり上手いよね~。
心が揺れてる様子は、見るたびに強く感じるようになりましたね。

ほ~、それぞれのキャラがしっかりして満足に描けてるから、妄想小説が書けないということもありなのね(笑)
それはそれで良いことなのね。
はい~、余程のことがない限り5年後も元気だとは思うけどね、年が年なので何とも言えませ~ん(爆)
頑張ろう~っと(笑)



コメントを閉じる▲
今日は、映画『花より男子』で俳優デビューした日ですね。
22周年、おめでとうございます!
これからも直人さんと共に、素敵な日々、素敵な時を重ねていけたらいいなと思っています。

 

1995年~2017年、魅力的な大人の男性になられましたね。
美しさ、爽やかさは変わらないまま、というのは素晴らしいこと。

ウルルン滞在記(スタジオ)を見て、なんて綺麗な子なの~?(笑)と、ドキッとした1998年。
時が過ぎて、キュ~ンと切なく愛しくなった2004年。
運命の出会いでした。
健太郎も房ちゃんも観ていたんですけどね(笑)、おちたのは俊介さんでした。
これからもずっと応援させてくださいね~。



【2017/08/19 23:49】 | nao
|
魔都後のお仕事ね。
少しは休めたのかしらね~。
いろいろ発売にもなって、嬉しいけど大変です(笑)

ふふ、最近は詳しく教えてくれるのね~。
でもその方が楽しみが増します(笑)
その方を拝見するたびに、覚えてくださってるかな~と思っていたので、それは嬉しい!
そろそろロケが復活しないかな~。


ライブももう少し。3週間を切りましたね。
来週にはチケット到着するでしょうかね?
どんな風な整理番号になっているのか(ブロックとかある?)見当もつかないので心配だけど、いつもより小さな空間を楽しむということで納得しておかなくては~。


【2017/08/18 19:35】 | nao
|
生きてます(笑)が、毎日眠いです・・・。
11、12、大千穐楽13日と大阪公演観劇してまいりました。
こちらでは、帰ったよ~も、感想も何一つ報告できていませんが・・・。
とっても濃い充実した3日間を過ごしたら、即現実。
お盆なので、母に戻り、娘に戻り、嫁に戻るというお仕事が待ってますからね~。
でもどれもそんなに大変なことではないけど、娘に戻って両親のところに行くのが一番大変。
きっとこれからも大変
義母はもういないので、嫁といってもお墓参りくらいですから。

いつもはライブや舞台のレポはしっかり書いているとは思うのですが、なんか今回はボーっとしてます。
これが魔都ロス、清隆ロスかしらん?
まぁ、そのうちまとめられたらいいんですが。

VOICE、マメに更新してくれてましたね。
好きなジャンルの話も熱かったですけど(笑)
昨日、この公演を終えてのVOICE。
アットホームな同じ事務所の方々とのお芝居とはいえ、座長としての重圧もずっしりあり、出ずっぱりという体力勝負ということで、“大変”だとは認識していたし心配もしてたことだけど、まさかそんな状態だったとは。。。
でもそんなことは微塵も感じさせず・・・プロだなぁ~、直人さんらしいなぁ~と思ったら、目頭が~。
清隆さんというポジティブで真っ直ぐなキャラを完璧に作り上げたことによって、気付かせなかったってことね。
でもきっとそんなことも含めて、大きな大切な経験と財産になったことは間違いないですね。
いや~、直人さんの努力はもちろんのこと、本当にカンパニーが素晴らしかったですもん。
座長を支えてくださったあたたかい先輩方や可愛い後輩くんたちに感謝。
秋夢乃さんの言われる、“裏表がない素晴らしい人柄の持ち主の座長”が引き寄せた関係性なのだと思ってますけど。
とにかく本当に本当にお疲れさまでした~。

今日は終戦記念日。
今一度、平和の大切さを考えさせられる、良いお芝居でしたよね。


【2017/08/15 23:42】 | nao
|

お疲れ様でした
なっちゃん
おはようございます!
3日間の遠征、お疲れ様でした。
本当に楽しい魔都でしたね~。帰宅すれば即現実が手ぐすね引いているのが辛いところですが(笑)
私もご同様で、いまだにぼぉ~っとしています。やっぱりこれってロスですよね。
お声を読んで改めて大変だったのね~と思いながら、実際にはそんな様子は微塵も感じさせないのはさすが座長さんなんだな~と感心してしまいました。
清隆さんそのもののような座長さんだからこそカンパニーもより一体感があったんでしょうね。
ぶちょおに続き魅力的なざちょおなお人さん、また魅力的なざちょおさんにお目にかかりたいです。

昨日は終戦の日でしたね。どうかミサイルを飛ばしたがるお国の方もこの国の方々も、大統領になりたての方も不機嫌な人たちでなくなりますように…。


Re:
ちぃな
なっちゃん、こんばんは。
本当に楽しい魔都&遠征でした~。
まぁどなたも、即現実が待っているのは同じですよね(笑)
私はこれまであまり強いロスはなかったような気がするのですが、今回は何かね~。

お声のこと。もちろんプロなら、限界まで頑張りたいと思うでしょうし、当然のことをしただけなのかもしれないのですが、こちらとしては大切な人なので、頑張ってる姿を想像してうるっとしちゃいましたね。
もちろん他キャストの皆さんがあたたかい方ばかりだと思いますが、直人さんの人柄が、より皆さんを一つに纏めたんでしょうね。
これもあちらこちらで言ってくださってますね。
はい、また魅力的なお人にお逢いしたいです。
舞台はチケット代もお高いですが、やっぱり生のお芝居はいいな~と思っています。

昨日は終戦の日でしたね。
そうですよね、台詞にもあったように、戦争は不機嫌な人たちが・・・なんだと思います。
みんなが上機嫌になること、何て大切なことなんだと改めて思わされました。
今回も両国だけの問題ではなく、特にこちら地方は巻き込まれるかもしれないという恐怖に直面していますから。
これについては長くなるので、この辺で(笑)



コメントを閉じる▲
いつも様子を教えてくれてありがとう~。
大阪初日、お疲れさまでした!
やっぱりいろいろと大変だったみたいだけど、無事やり終えた感じでしょうか~。
さすがプロですよね。

そしてそのことは、みなさんがつぶやいてくださってましたよぉ(笑)
あそこかなぁ~?(笑)
直人さんの姿も見せてくれたらいいのに。

さて明日は、私も魔都へ旅立ちます。
こちら地方は、やっとマイ初日を迎える方も多いです。
長かったね~。
私も東京初日のことはもう薄らいできてる・・・あらら
しっかり違いを感じて来たいと思います~。
お天気は心配ないかな?
てか、熱いよね~?暑いではなく・・・
電車もちゃんと動いてよ~。
何事もなく、行って帰れますように。
大千穐楽を見届けてから帰りま~す。




【2017/08/10 23:23】 | nao
|
大阪初日、始まってますね。
もう終わりに近い時間ですが。

EYES&VOICE更新。
直人さんの初舞台のステージ。
同時に歩き始めた劇場ですね。
いろんなことが思い出されるんでしょうね~。
心配事は、スムーズにいったかな?(笑)

私にとっても2回目のサンケイホール・ブリーゼ。
絵空の時は、関西に特に仲の良い直友さんが居なかったこともあって、おひとりさまだったなぁ。
地元の直友さんともまだ一緒に行動するような感じじゃなかったかな?
劇場では直友さんにお会いしましたが。
今回は一緒に席を取ってくださった方と観るので、楽しいでしょうね、きっと。
ワクワク、ドキドキしています~。

綺麗なロビーにお花がたくさん飾られている画像を、あちこちで見せてもらいました。
ほほ~、そうなのね?
やっぱりお花があると華やかでいいですね。

その前にFCよりメールがあって・・・。
また限定のものが発売されるみたいで。
嬉しい~けど、またまた散財だわね
私としては、もうちょっと女性っぽい感じのものが良かったけど、買わないと後悔しそうかな(笑)
とりあえず、大千穐楽終わって区切りが付いたら考えるとしましょうか~。

そんな大阪初日、そろそろ幕が降りたかな~。

無事行けることだけを祈って(笑)過ごします。


【2017/08/09 21:54】 | nao(stage)
|
刈谷から大阪の間は短いけど、いろいろあるから一旦は帰るよね~と思っていたのですが、あらま、忙しい!
私たちは嬉しいことだけど~、お休みないですねぇ。
そのヒントにはピンと来ないけど、はい、待ってます!
それって何でしょ~?

熱い話、二日続けて(笑)
なんか、らしいな~、余裕が出てきたかな~と思っちゃった。

さてキャストの皆さまは、明日には魔都@大阪でしょうか?
台風の進路はどうですかね~?
こちら地方は暴風域圏ではなかったにしろ、明け方が風雨が凄くて。
いつ頃どのコースかがはっきり掴めなかった台風だから、実家の両親を迎えに行くタイミングを逃してしまった・・・
まぁ、警報も出なかったし雨量が尋常ではないということも言われてなかったので、ちょっと気を抜いてたのかもしれませんが。
お昼からは薄日が差してきてあっという間に晴れになりました。

しかし、日本列島を縦断している模様。
進路に向かう地域の皆さま、お気を付けくださいね。
大きな被害が出ませんように。停滞などせず、サッサと行ってくれ~~。
そして、キャストの皆さまも何事もなく無事大阪へ向かって出発できますように 


【2017/08/07 22:43】 | nao
|
先日直友さんと会ってランチをしてチケットを渡しました。
ピックアップしていた中の一つ、なかなか雰囲気のいいお店~。
15人くらいの半個室もあるみたいだから、おしゃべり会にいいかもね。
でも凄く落ち着いたお店だから、賑やか過ぎて悪いかしらん(笑)
取りあえず大阪大千穐楽のチケット、無事渡せて一安心!






直友さんと別れた後、次女と待ち合わせて美術館に行って来ました。
その日は、“ぐぅたらする日” と言っていたので誘っても行かないかなぁ~と思っていたのだけど、「いいよ」という返事。
それは、小さい頃よく読んでいた大好きな絵本作家・林明子さんの原画展。
テレビのCMでも見ていて知ってたらしい。だから反応が早かったのね(笑)
8月27日まであるのに、結構~たくさんの人。
私のように昔を懐かしく思って来られたような娘さんとお母さん、現在子育て中のお父さんお母さんと小さいお子さんたち。
芸術の方へ進学するのかな?と思われる学生さん。
アーティストっぽい方から、年配のご夫婦まで、みなさん林さんの絵本が大好きなんだなということが感じられました。
娘も懐かしがって、いろいろと、ああだったよね、これはこうだったよね~と言っておりました。
繊細で綺麗で表情豊かで、本当に林さんの絵は大好き~。

美術館の空気は別世界のようで落ち着くんですよね。
それだけでもいい気持ちですが、併設のカフェにてドリンクが100円引きというチケットをもらったので(笑)、気持ちよ~くカフェへ。
中庭を眺めながら、ケーキとカモミールティーを頂きました。
あ~久々に優雅な午後だ~癒された~ 
たまには出掛けなくちゃいけないですね、美術館に。



追記を閉じる▲

【2017/08/07 22:24】 | diary
|
今日広島は、72回目の原爆記念日を迎えました。
今年も8時15分のサイレンと共に、広島に向かって黙祷。
松井市長の平和宣言にも、こども代表の平和への誓いにも、聞き入っている私がいます。
特にこども代表の発表、年々感動してしまいます。

近年特に広島を訪問する外国人が増えたそうです。
原爆資料館もリニューアルされて、最新の技術プロジェクションマッピングも取り入れられ、英語表記の説明を大きく増やし、より世界に訴えかけるようになっているようです。
いつかまた行ってみなくちゃと思っています。


そんな今日、魔都@刈谷2日間が無事終わったようですね。
2日間キャストも観客も上機嫌で幕が降りたようで、みなさんの報告ツイも盛り上がってます
VOICE更新。
大きな会場だったみたいなので、表でも裏でもかなり走り回ったんじゃないかな~。
いろいろあったようで?(笑)お疲れさまでした!
!!!意気込みが感じられるね~。
次の観劇は初日から1ヶ月以上経つことになるので、どれだけの変化、進化が見られるんだろうとワクワクしています。
ラストに向けて、皆さま最高の上機嫌でお願いします~。
益々大阪が楽しみになりました!

その前に・・台風が気になってますぅ~ 
何事もなく早く過ぎて~。


【2017/08/06 23:39】 | diary
|