自由気ままなお絵描きの部屋。 略してペインティングルームN・F(笑) 愛がいっぱい詰まってます☆
まだまだ酷暑ですね。
明け方は気持ち?涼しくなったかな・・・という程度。
例年とはずいぶん違います
東側にあるリビングのエアコンは、日が昇ると朝から32℃と表示されることもしばしば・・・

我が家には、宿題があるような学生はと~っくにいないのですが、最近はもう学校って始まってるとこ多いみたいですね。
宿題の追い込み、科学研究のまとめが一番最後で、一緒に頑張ってたわ~(遠い目・笑)
みなさん元気に登校されたでしょうか。


しっとり静かな秋はいつ来るのかしらね~。
でもそれは、ホタルとぶちょおが観られなくなるということで寂しいことでもあり・・・。


結婚に向かっていく中でいろいろな障害はあり得るもので、ストーリー的に不思議ではないんでしょうけど、最強なホタルちゃんだからね~。
どうしてそうなるの?と、私たちも敵わないって感じかな(笑)

だけどそれ以上に惑わされたのは、不快な雑音でした
待ちに待った『ホタルノヒカリ』を、まさかこんな不安な気持ちで見続けなければいけないなんて、誰が予想してたでしょうかね~。
あと3話。
でもなんとなく不安は薄れつつあるかな~。
瀬乃くんだってそんな悪いヤツじゃないわよ、きっと(苦笑)
まだまだ若いんだから、HAPPYはご自身の主演ラブストーリーで成就させてくださいな(笑)


私はいつも車の中でnaoソング  を聴いているのですが、大好きな『月世界』を聴いてて。。。
お~~、隅から隅までぶちょおの気持ちだわ、と。
ホタルとはこんなロマンティックな夜が来るのかは・・・疑問ですが(笑)

久々に今夜、電気を消した部屋でヘッドホンで聴いてみようかな~と思っています。
ううっ、余計切なくなるかな~。

ぶちょおの胸の隙間に入り込んだ棘が、早く抜けることを願ってます。
ホタルちゃんと誠一さんの絆が、ほどけないものだと私たちにも確信させてくれるラストであればいいな~。
たとえそれが“結婚”という結果でなくても。

頑張れ アラフォーぶちょおの素敵な恋!


追記)
いつも拍手や拍手コメントありがとうございます 
非公開でない方は、拍手のページにコメントレスさせていただいてますので、よろしく~。
非公開の方は、こちらにちらっと書くようにしています 




追記を閉じる▲

【2010/08/31 17:49】 | diary
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: NoTitle
ちぃな
v-83さん、こんばんは☆
そうでしょう~。
うんうん、それそれ、そうだよね~、気になってました(何ことやら?笑)
今直友さんとも話してたんですよ。
補足は直メで(笑)

ホタルと誠一さんの物語だもの、固く信じてます!


コメントを閉じる▲
今回のイズムのゲストは、水嶋ヒロさん。
若手イケメン人気俳優さんですね(全て並べた・笑)
帰国子女で、高学歴。

いいですね~、若い俳優さんとの並びは。
あ、ベテラン俳優さんもいいですが。

いい具合に開いた胸元と二の腕がまぶしい~(笑)
シンプルで良かったわ

ちょっと日本人離れした感じの顔立ちで、キラキラした瞳。
落ち着いた話し方。いいですね~。
でも、お隣のお兄さんの顔見たら、何故だかスッキリする私(笑)

結婚会見もそうでしたが、彼はとってもはっきりと言われますね。
若いから?もあると思うけど、あ~海外生活の影響もあり?とも思いましたが・・どうなんでしょう?
奥さまと二人のファンであれば問題ないでしょうけどね。
潔い感じはしますが、デリケートな問題だから、考え方はそれぞれね~
直人の突っ込みは、面白かったわ(笑)
年数経てば、理想と現実にはズレが出てきますって(あわわ・爆)


ロケは、最近よくお見かけする戦場カメラマン、渡部陽一さんのお宅に二人で訪問でした。
独特な話し方の渡部さんだから、水嶋くんと直人の穏やかさもピッタリ(時々ブラック入りますが・笑)

渡部さんは他の人のお話を聞く際に、ものすごくその方の目を見て話される方。
それは何故かというと、会話をする時に一つ一つ聞きもらさないように、目の中からその想いを聞いていきたいからということ。
それが身についてきたからじゃないか、と。

直人も、相手が(男性でも)ちょっとおかしくなってしまうんじゃないかってくらい(笑)じっと人の目を見て話す人なんですよね。
“一つ一つ聞きもらさないように”というところで、人との向き合い方が同じなんだな~と感じました。
きちんと整頓された部屋もすごかったけど、戦場日記や遺書の話も深かったですね。
でも凄惨で過酷な戦場と言う場にいる方なのに、どうしてあんなに穏やかに話すことができるんでしょうか。
独特ではあるけど(笑)

水嶋くんじゃなくて、渡辺さんのイズムでしたけど(笑)なかなか良かったです。

ボイパも良かった!
直人、結構なんでもこなしちゃうよね~。
ん?あれはゲームの効果音??
イズムのテーマ曲をされてるのを横で聴いてる、にっこりな顔が良かったわ~。


さて来週は、バリバリなイズムのあるお方、堂本光一さん。
共演ありましたね。
楽しみです。
あ、はるな愛ちゃんじゃないのね~。



追記を閉じる▲

【2010/08/30 21:03】 | nao(ism)
トラックバック(0) |
今年の24時間テレビのテーマは、「ありがとう」。

今日はまた主人の実家に行ってきましたが、近所にあるものです。

moblog_1894e375.jpg 

造り酒屋さんの駐車場の立て看板。
『華鳩』は銘柄。

「ようきてくれて」=「よく来てくれて」  

あとは、説明はいらない?(笑)

24時間テレビ、告知のあった時間帯には、残念ながら直人くんの姿は見られず

珍しくずっと観てたんだけどな~。まっ、いっか~。

その後の時間帯を録画して確認する根性もなかった(笑)


大島優子ちゃんを見たら、アンティークで確認したくなったので、久々に観てみました(笑)
変わってないですね~、可愛い♪
小野さんは魅惑の瞳・・・そして、声が若いで~す(笑)


今日はイズム。
美形な二人が観られますね~
何やら逞しさを感じられる衣装(私服?)でした(笑)
楽しみです!

はるな愛ちゃん、ゴールおめでとう


追記を閉じる▲

【2010/08/29 20:46】 | diary
トラックバック(0) |
ホタルノヒカリ2 第8夜。

ホタル・・・やっぱりあなたって究極の“アホ宮”だわ~。
せっかくぶちょおが『ホタル』と携帯に登録し直してくれてるというのに。
それがぶちょおの気持ち。
そういう存在になれたのよ。
あなたは気付いてる~?

ぶちょお・・・あなたの決断は正解。
やっぱりいつでもホタルのことを見抜いてる。
俺のためと言ったけど、それはホタルのためでもある。
静かに考えるための必要な時間なのよね。
あは・・私たちのためにも?・・・とすら思えてきたわ。
ちょっと心を落ち着けたいと思います(笑) 
少なくとも私は
「ぶちょお、何で出て行っちゃうの?」
とは思わなかった。

相変わらず冒頭部分の二人のやりとりは面白いこと~。
ホタルのご両親からの荷物に礼をするぶちょおは素晴らしい(笑)


「君の影響を受けて変化した。
それは俺の成長だ。
相手を受け入れることでごく自然に成長する。
人を好きになるということはそういうことだと思う。
君に出会って良かったと思っている。」

ぶちょおはいつだって、ホタルの全てを受け入れてくれているのね。
ということで、結婚への段階としてホタルの両親に挨拶するところから始めることに。
あ、ご両親じゃなくて、まずはお姉さんのアゲハさんだったけど。
結婚へ向かうといくことは“面倒くちゃい”ことがた~くさんあるけど、“きちんと”段階を踏もうと準備をする二人。
物分かり良くというか、ホタルの方が率先して、きちんと!決めていったのにね(笑)
何回も何回も「きちんと」って言ったのにねぇ、ホタル・・・。

きちんと事が進めば、きっと野獣さんも戻ってきてくれることでしょう(爆)
理性ある野獣さんなのね~。

そうそう、アゲハ姉さん@イタコお姉ちゃん、目の前のホタルのお相手は絶対潤太郎には見えなかったよね(笑)


そんな中、小夏さんのお店のプランの変更を余儀なくされることに。
小夏さんの落胆を思い、ホタルは駆け回る。
仕事のことに一生懸命になることは素晴らしいこと。。
だけどホタルは、一つのことに一生懸命になると、たとえそれがぶちょおとの大切な約束でも・・・すっ飛ぶ子。
それも今回何度も瀬乃くん絡みの失態。
前回、瀬乃くんや小夏さんがどうあれ、二人の問題だとお互いの気持ちを確かめ合ったじゃない?
全ての行動や気持ちをオープンにしたかったのはホタルの方じゃなかった?
特に瀬乃くんのことは慎重に考えて、気まずくなるようなことは避けるよう、少しは学習しようよ~。
今一番優先しなくてはいけないことは何なのか。
そして折り合いを付けることも、学んでほしい・・・。

2度も待ちぼうけをくわされたぶちょおなのに、それでもそんなホタルを解ってる。
「君には敵わない」とは言ったけれど、それは理解している証拠。
理解してるこその言葉だと思う。


「ありのままの君がいいという、どっかでそうした期待があった。
俺が君の影響を少なからず受けているように、君もどこかで俺から何かを得ているんじゃないかと。

離れて暮らそう。

君が悪いわけじゃないから。
俺の問題だから。

上手く説明できないからひとりになりたいんだ。
大丈夫、戻ってくるから。
君を嫌いになったわけじゃないから。」


呆れて突き放してるわけじゃない。
あったかい言葉だと思う。
これはまたホタルが自分で考えられるように、そしてその気持ちを待っててくれるってことでもあるのよね。
こんなに辛抱強く待ってくれる人がどこにいる?
同じことを若い瀬乃くんにしてごらん?
キレちゃうんじゃないかな。
エレベーターの中でイラついてたみたいに。


お姉ちゃんの留守電、沁みたよね。
ホタルの結婚をみんな喜んでる。
ぶちょおが“家族のため”と言ってた意味が理解できたかな~。
ぶちょおの良さを再認識させられたよね。
そして見つけた、ぶちょおからの婚約指輪。

婚約指輪のカードの
『ホタルへ    誠一より』
ううっ・・たったそれだけなのに、胸が苦しいわぁ。

ぶちょおの想いを受け止めて、泣きなさい!ホタル~。

ホタルの携帯の登録が『ぶちょお』から『誠一さん』になるのはいつでしょうか?


来週もいろんなことが起こるみたいだけど、そろそろホタルもぶちょおも瀬乃くんも小夏さんも、それぞれの結論を出さなくちゃいけない頃じゃないかな。
まずはホタルの気持ちが固まることが一番。
瀬乃くんにこそ、距離を置こうよ。
また寸止めかどうかはわからないけど(笑)あれは ちゅーじゃなくてkissと呼べるものでしたね。
どういうシチュエーションのkissなのか気になるわ~。
期待はしてませんけどね(笑)


追記を閉じる▲

【2010/08/26 21:23】 | nao(drama)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re:
ちぃな
v-83さん、こんにちは!
いえいえ~、やっぱりそうだったんですね。
お聞きして良かった(笑)

v-83さんの感想も楽しいですよ♪
そうそう!って思ってます~。

何が大事なのかは、同年代のうちの娘たちにも分かるもの。
今回のホタルの描かれ方は、ちょっと度を越してますよね。
それでも受け止めてくれたのは、いつもぶちょおなのに。
ホタルはちゃんと考えて、早く気持ちが通い合えるといいですね~。


コメントを閉じる▲
あっつい中、ご苦労さま~。

そ、そうなんですか~。
とっても苦しんでらっしゃるんでしょうねぇ。
直人のことよりも(笑)水橋先生が心配です。
でも、ぶちょおとホタルを愛してる水橋さんだから、大丈夫だと信じてます。

日本でも台湾でも期待度の大きいドラマなので、プレッシャーは計り知れないと思うのですが、応援してますよ、水橋先生~!
JUNONお買い上げ(あと誰が見るの?
『ホタルノヒカリ2』について、たくさん載ってましたね。
見こなしガイドか~。
う~む・・・これだけ楽しんでお気楽に観られたら嬉しいんだけど。
私は続編はなくていいかな。
だってきちんと納得のいくように終わらせてほしいもの。
作るなら、二人のその後。
特別な出来事がなくても、ぶちょおとホタルの二人が居れば、ちゃんと物語になるじゃない?

小さい本屋だったからか、サンデー毎日は見当たらなかったわ。
明日かな~。



そう言えば、ここ数日、気分転換に?(笑)ライブDVDを観ています。
Mなお人のカッコよさに、今更ながらうっとりです(笑)
&何故か涙が出そうになりましたよ~。

あと、先日のイズム@ロケ直人ですが・・・。
基本お髭が好きではない私だけど、何故かあの無精髭、全然OK!
ファッションももう何でもOK!?
どうしてかなぁ~???(爆)


次回もホタルは成長してなさそうで・・・気になるところです
まぁ出来るだけ肩の力を抜いて観たいと思っていますが 


追記を閉じる▲

【2010/08/24 21:41】 | nao
トラックバック(0) |

NoTitle
サボ
ちぃなさん、こんにちは!
この記事で、ちぃなさんが感じていることが、私にもほぼ当てはまることが解りました(笑)

蛍ちゃん、お願いだから成長していて欲しいですね~

一つのことを乗り越えて学んだ後に、また同じようなことに巻き込まれているのを観るのが、辛いですから(笑)

水橋先生も苦しまれているようで・・・・・ここに2の難しさやら大人の事情やらあるのかもしれませんがそろそろ本題というか、ストーリーの屋台骨の部分をしっかり組み立ててほしいです。

<ここ数日、気分転換に?(笑)ライブDVDを観ています

この気持、同じですよ!私は「喪服のランデブー」を6回はリピしていますから~
やっぱりストーリーで感動させて欲しいな~と思ってしまうのは「喪服の・・・・・」の影響でしょうね(笑)


Re:
ちぃな
サボさん、こんばんは☆

そうですか、ほぼ同じ感じがありましたか~?(笑)
ね~、結婚できるかどうか・・より前に、まず蛍ちゃんには成長していて欲しいですよね。
結婚はそれからかも。
何だか同じことの繰り返し?せっかく学んだと思ってたのにv-356
二人の間の問題だけじゃなく、第三者が関わって巻き込まれているから尚更辛いですよね。

水橋先生は前回の時、納得した上で構成を立てる方だと雑誌に書かれてたと思うんですが、今回はどうなんでしょう。
変わらないでいてほしいですが、いろいろな事情もあり?続編ってやっぱり難しいんでしょうね。
でもしっかりと着地はさせてくださるとは思ってますが。
そろそろ二人の物語に落ち着かせてほしいですね~。

サボさんは「喪服のランデブー」なんですね!
ストーリーで感動・・・それには必ず演者の魅力があってこそのものですもんね。
たま~に気分転換も入れながら(笑)ホタルとぶちょおを見守っていきたいですねv-410



コメントを閉じる▲
主人の実家にて、無事義母の四十九日法要を済ませました。ほっ

その後瀬戸の海を渡り、隣の島まで親族+αで食事に。
旅館のマイクロで送迎していただきました。
ラクチン!

moblog_9077633c.jpg
 

のどかな瀬戸の海を行き交う船等・・が撮れなかったのが、残念~! 

moblog_bb7cfb7a.jpg
 

古~い料亭旅館なのですが、こちらではとても有名なところです。
術科学校のある島ですから、お偉いさん方の色紙が並んでおりました。
 
お料理は、
しまあじ、たい、ひらめ、伊勢海老、いかの活きづくり。
小鉢、せいろ蒸し、天ぷら、煮魚、釜めし、冷やしうどん etc.
海の幸のてんこ盛り~。

moblog_afc3423f.jpg 

特に名物なのは、
車海老のおどり食い?
噂には聞いてはいたものの・・・。
ピンピン跳ねてるのを、殻を剥いて食べるんですよ~。 

moblog_254ca5e9.jpg

もたもたしてたら、跳ねまくる~
料亭の方が
「尻尾をしっかり持っててください~」
と言って、グッと一気に頭を取ってくださいます。
娘なんて
「ぎゃ~、やだやだやだぁ~!」
と半泣きでしたが(笑)
とろ~り、こりこり、美味しかったですよ~!

エビの頭やイカゲソは塩焼きに、伊勢海老の頭はお味噌汁にと、
どこまでも余すところなく。

moblog_f4fb7d9c.jpg moblog_682d7e51.jpg 

  いや~、食べた食べた(笑)

帰りには、女性だけバラの花のお土産までいただいて。 

moblog_057571d8.jpg 

これほどの新鮮なものは、もうそうそう食べられないだろうな。
街中の料亭とはまた違う高級感でした。
とても良いお味でございました~。

ダ~様、お義母さん、ありがとうございます!(笑)

これで私も少し落ち着いたかな。



追記を閉じる▲

【2010/08/23 09:52】 | diary
トラックバック(0) |
ホタルノヒカリ2 第7夜。

ううっ・・・最後はじんわり泣けました~。
良かった良かったよぉ~!
二人が縁側に帰れて、穏やかに線香花火のヤサシイヒカリを見つめて。
庭の蛍も、またハートを描いてましたね。

あ~これまでの何度ものぎくしゃくした状態からやっとここまで来たのね。
これまでの過程が・・・外野のキャラやエピが濃過ぎて前に出すぎな感じだから、観終わった後はちょっとドヨ~ンとモヤモヤ感が残るけど、観返す度に落ち着いてはいく・・・かな。

いろんな横やりがあって試練もあってもいいけど、もっとサラッとした絡みでサラッとフェードアウトしてくれるような、物分かりの良い登場人物がこのドラマの良いところだったのに・・・。
演出に変に力が入りすぎてるのかな~?

でも最後は揺るぎない二人の気持ちが再確認できて終わったので、今回はヨシとしましょうか(笑)

ドキドキはするわよね、特に恋愛に慣れてない干物女なんだから。

告白はしたけど、友達だからと言っておいて、手を繋ぐ瀬乃。
ぶちょおが着付けが出来るからといって、男性のそれも元カレに着付けを頼む小夏。
二人ともどんな神経してんの?って思っちゃったわ~。
完璧な小夏さんが着付けが出来ないなんて・・・?
よく着物着てなかったっけ?その都度いつも気付けてもらうの?

瀬乃は恋愛はエゴだって言いきっちゃう若者だから、ありえる行動なのかもしれないけど(諦め~
今回小夏さんには、少々う~~む
いくらぶちょおが何でもできるからって言っても、何で着付け頼むの?(身体に触れるってことよ・笑)
ぶちょおが自意識過剰なんじゃなくて、そういう状況を作っちゃ誤解の元!って解りそうなものなのに。
意識してないふりをしても、変に濃い想いを話してるしね。
結果好きな人を困らせることになる。
瀬乃といっしょじゃない!?そこが残念~。
ホタルと同様の“ドキドキ”をぶちょおにも体験させるためのエピなんでしょうけどね、何も浴衣の着付けじゃなくても~(しつこい!?笑)
でもこれは男性にとって正しいドキドキを表したことだからいいのか?
ぶちょおは普通の男だってことね。
ぶちょおが断りきれなかったところとか・・・またぶちょおの悪い印象を作られた感じがちょっとして、微妙に引っかかっちゃいました・・。
それにしても、ぶちょおの手つきは違和感なく良かった~。
宗十郎さまで慣れてるものね。

だけど小夏さん好きなんですよね、私(笑)
二人のシーンは色っぽいから。
別ドラマだったら全然OKだったんですけどね(もっと誘惑してくれ~い・爆)『ホタルノヒカリ』には取って付けたみたいだものね~。
でも小夏さんは、二人を応援してくれる気がするな~。
そういう女性だと思うんだけど。
瀬乃はもう少し・・・若さを味方に頑張り続けるかもだけどね~


ぶちょおって、ホタルが言い出しにくいことは聞きたくないのね。
というか、それが何かちゃんと分かってるから。
パワースポットに行く前のお清めの儀式?(笑)の時にも聞きたかったことを飲み込んだし。
取り替えてきた白い甚平、ぶちょおは着なかった。
そんなこともやっぱり全てお見通しだったのね。

自分が小夏といたことを正直に言った後、ホタルが瀬乃のことを話そうとしたとき、思わず感情が高ぶってしまった。
無理をしてる感情は、たとえ辻褄が合ってない場合でも爆発する可能性を持ってる。
それでいいかもしれない。たまにはぶちょおにも吐き出させてあげたいから~。
瀬乃のことは「ま、いいかっ」と思いつつも・・・(思い込もうとしてるんだろうけど)今回そのキャパを超えてしまったんだよね。
「もう分かっているからそれ以上言わないでほしい。全てを言う必要はない」と。

でもホタルは、全部話してもらわないと分からない。話さないと分からない。
できれば正直に言い合いたい。。。
女性はそう思う人の方が多いかも。
言い合ったらいいと思うな~。特に誤解されてることは。
想いは言葉にしなきゃ伝わらないと言ったのは、ぶちょおだもの。
言葉にしてこそ自分の気持ち、相手の気持ちを確かめられるんだから。
ぶちょおの怒鳴った声は、少しいい気になってたホタルの目が覚めた瞬間でもあったのかもね?


「今回のことは、誰のせいでもなくて(省略・笑)私の問題だと思うから。
結婚に向けて頑張り続けるってことは、自分の気持ちに揺るぎないってことだから。
私が私に負けなきゃいいってことだから。
だから、一緒に帰ろう。縁側に帰ろう。縁側に帰って仲直りしてください。」

ぶちょおも怒鳴って悪かったと思ってたよね。
これでホタルとは気まずくなってしまったかもと。
だからホタルからのこの言葉、嬉しかったでしょうね。

二人ともウルウルの真っ赤な目をしてた、感情のこもったすごくいいシーンでした。
こっちまで泣けてきた~。
ホタルがぶちょおを想う気持ちと、ぶちょおのホタルを想う愛おしさが表情で充分伝わりました。
そこでほらぁ、ギュッとでしょ!!
また冷静に線香花火のことを出してたけど、何かあった時は、もしかして仲直りのアイテムにと考えていたのかも、ぶちょお。
違う環境で育ってきた二人なのに、同じように好きなもの。
縁側でのんびりまったり線香花火のヤサシイヒカリを見つめると、自然と穏やかな気持ちになれるものね。

ホタルの深く考えない性格が良かったのか?、また今回深く考えたのか?、誰をも悪く言わない純粋さもあって、自分で階段を一段登れたんじゃないかな。
確かに直前にまた瀬乃の一言があったりと、毎回瀬乃の影がちらつくけどホタルなりに自分で消化して出した答え(言葉)だと思いたい。
そして今回のこの気持ち、忘れないでほしい~。

縁側に帰ってからのぶちょおの言葉も、それを受けてのホタルの言葉も良かった。
やっぱりいろんな話をして気持ちを確かめあう場所は“縁側”なのよ。
やっぱり線香花火は、心を柔らかくして二人をつなぐ素敵なアイテムだね~。
見ている私たちも心が和むし。
もう自分を信じて、お互いを信じて、何があっても二人で・・・。
ふら付くのは終わりにしようね。


次回はホタルのお姉ちゃんアゲハさんが登場したりと、結婚に向けて少し具体的に話が進んでいくようだけど、何やら瀬乃くんが大変なことに。
もう~、邪魔するよね~(笑)
またまたすんなりと上手くは進まないようですね。


最後に一言。
何だか2は、ぶちょおから発せられる言葉が過激になってますね(笑)
せっかく色っぽい言葉でも、何だか笑いがこみあげてくるんですけど(小夏さんとのシーンは除く)最終回にはしっとりとお願いします(笑)

追記)
そうだ!今日は久々に見る蝶野くん登場ですね(直友さんに思い出させてもらいました~)
ぶちょおとのギャップが楽しみです
直ファンではないぶちょおファンの方は、どう思われるかしらね?(笑)


追記を閉じる▲

【2010/08/20 17:19】 | nao(drama)
トラックバック(0) |

同じツッコミを(爆)
ALOE
こんばんv-365

瀬乃と小夏の行動には
行き遅れ女子のワタシにも理解出来ません(爆)

ワタシは やっぱイザキが~~~~v-427
公な場で なんで ペラペラ喋るんでしょーか!?
社内での ぶちょおの信頼も落ちてしまいます!

イザキは隠し撮りは上手やし
進むべき道は 芸能スクープカメラマンではないでしょーか?(爆)

イザキにしろ、
先週、桜木が「瀬乃さんは雨宮先輩が好き」とか
山田姐さんが エコダさんがいてるのを気づかずに
エントラスロビーやエレベーターの中で
愚痴を言いまくるとか
口が軽くて、軽率です^^;

HPの「SWビルド勤務日誌」がショボイせいでしょうか?
なんか 従業員にも 魅力感じなくて。。。
だって 誰も ぶちょおのBDの事を書いてくれへんし・・・v-388

Re: はい、どうぞ~(爆)
ちぃな
ALOEちゃん、こんばんは~☆

瀬乃と小夏の行動は、やっぱりちょっと~v-356よねぇ。
何であんな引っかかるようなキャラにしたのか、前作が良かっただけに、考えられないね。
おばちゃんだって理解に苦しみま~す(爆)

あ~、イザッキーね。
そう言えば、彼が一番の元凶かも。
彼、状況把握が出来てないよね。
面白いんだけど、信頼するぶちょおを困らせてどうする~!
お~、芸能スクープカメラマンね。
でも記事になる前に、撮った端からべらべらしゃべっちゃいそうだ(爆)

>・・・口が軽くて、軽率です^^;

何だか1の時とカラーが全然違って残念なことが多い気がします。
ほんと従業員ももっと魅力的だった。
そんなことも総合して、秀逸ないいドラマだったのに。

>だって 誰も ぶちょおのBDの事を書いてくれへんし・・・v-388

ほんとだー(今気が付いた・笑)
今回の社員は、ぶちょおのこと尊敬してないんでしょうかね?
ちょっと期待はずれなことが多くて・・残念ね。

NoTitle
まりりん
こんにちは~ホント残念です。
7話でフェードアウトしてくれるかなと期待したけど、全然そうじゃ無さそうだし。
縁側のラストはよかったですが、その前がね。
やっぱ経過って大事よね。
一番いらないのは瀬乃からの電話です。
あの電話なくても蛍は自分で考えて行動したと思うし、ぶちょおだってそうです。
どうしても瀬乃のああいうシーンは必要なのか?なんか事情でもあるの?って勘繰ってしまいます(^^;

妄想縁側日記に反響が大きいのは嬉しいですが、ドラマ本編で満足したいもんです。

社員にも魅力ないですね。まあ殆ど描かれてませんが。
大きい会社なんだから社員一丸となって一つくらい大きな仕事しようよ。
小夏さんの店じゃあんまり利益無いと思うわ(^^;

Re:
ちぃな
まりりんさん、こんばんは~☆

やっぱり経過もスッキリしたものじゃないと、ホタルノヒカリらしくないと思うよね~。

>一番いらないのは瀬乃からの電話です。

必ず瀬乃が絡んでくるね~。
ホタルは誰のことも悪く思わない子だし、ぶちょおが初めてあんなに感情を出したのを見たら、それなりにちゃんと自分で考えたと私も思います。
旬な人気俳優さんだからか、カッコ良く描かれてるのかな?
とてもいいこと言ってるもの。
あれは普通に演じても、カッコ良く見えると思うよ(笑)
あはは、私は既に勘ぐっちゃってますが?(笑)

妄想縁側日記に反響が大きいみたいで良かったですね。
ちゃんと拝見してますよ~。ごめんね、なかなかコメントが入れられなくて。
まりりんさんの縁側日記は、痒い所に手が届いて、スッキリします!
きっとドラマでもそういうことが言いたいんだよね~、と思っちゃいますが、何かズレでるような(ドラマがね)

確かに小夏さんの店のことしか仕事してないね(笑)
SWは社員の前向きな感じが描かれてるのも、大きな魅力だと思うのに。
カラーが変わったというか、バランスが崩れてるような気がします。
言い過ぎかな~?v-356
特別なことは起こらなくていいから、ホタヒカファンとしては、二人の平穏な幸せな日々を見ていたいですよね。

コメントを閉じる▲
直人くんが映画『花より男子』で俳優デビューして15年なんですね。
そのうち私が傍で見つめてきたのは半分だけど、幸いなことにほとんどの作品は何らかの形で観ています。
すごい数を演じて来たよね。
それぞれに個性的に。

花男の花沢類。あの美少年が(すでに青年でしたけど~笑)今や、ぶちょおになりました(笑)
いやいや、 とっても良い味の出せる俳優になりました。
38歳とはいえ、充分つやつや~(笑)
もちろん見た目のカッコ良さや爽やかさに惹かれたわけだけど、やっぱり根本は、彼という人が好きなんですね。

直人くんが輝き続けられるよう、もう少し(期限はナシ・笑)傍で応援していくつもりです。
あはは、ダ~様のことは忘れても、直人のことは忘れないかもしれないな(爆)

これからも年齢に相応しい魅力がいっぱいの俳優になれますように 

【2010/08/19 23:06】 | nao
トラックバック(0) |
も終わりました~。
相変わらずの猛暑の毎日、専業主婦の方も兼業主婦の方も通常業務の始まりですね。

嫁としてはまだまだやらなければいけないことが山積みなのですが、一応一段落。
だからか?今日はお昼寝1時間半くらい爆睡してました(笑)

昨夜も疲れて帰ってイズムを見たのですが、もう眠いのなんのって。
でもあの真っ赤な衣装で目が覚めましたよ~(笑)
ビックラしたけど、嫌いじゃないわ~。
とってもキラキラして見えたもの。
38歳であのつやつや感~。若いよね~
一気にエネルギーチャージできましたわ(笑)
ゲストも内容もどうでもよかったですけど
娘に
「ちょっとちょっとお母さん!直くん見てる時以外は酷い顔してるよ~」
と言われてしまいました(爆)



ぶちょおは見た目も中味も大人ですね(イズム@直人と同一人物とは思えない~笑)
そんな彼の心情を察してしまうというか、分析してしまうというか、理解してしまうファンも、ぶちょお同様いろいろ考えてしまう大人・・・だからなんでしょうね(笑)
何にしても若い人はストレートのようですが(苦笑)
瀬乃くんもファンも、好きな人しか見えてない。

ぶちょおとホタル、たとえ目に見えるラブラブではなくても、ありきたりのデートはしなくても、すれ違っても、チューをしなくても、結婚という形式は取らなくても、『ホタルノヒカリ』の世界観はホタルとぶちょおと縁側にしか作り出せないもの。
そしてこれは、干物女・雨宮蛍の成長の物語!変わらないなんて意味がない。
これだけは不動のものでしょ(何回も言ってる気がする・笑)
希望としては、目に見えてラブラブで、ありきたりのデートもして、解り合えて、チューもして、結婚もしてほしいですけどね。

ホタルちゃん、まずは貴女が自分自身を見つけなきゃ。成長の階段を自分で登らなきゃ。
瀬乃くんは若さゆえ“今”を優先させる人のようだけど、ぶちょおは“過去も今もこれから先も”ちゃんと考えて見てくれてる人。
目の前の甘い水の方ばかり行くんじゃないよ~(笑)

ぶちょおは小夏さんの方へはふらつかないでしょ・・・たぶん。
まぁ、あんなことやこんなことは、彼女の方が妄想しやすいんですけどね(爆)

取りあえずプチ感想?でしたが、なってない?


あと残り何話分かな~?撮影も再開したようで。
こんなに盛りあがってるんだから、きっと役者さんたちも演じ甲斐があることでしょうね~
残暑厳しき折ですが、頑張ってほしいと思います!



追記を閉じる▲

【2010/08/16 22:03】 | diary
トラックバック(0) |
今夜日本海を通るのね~。
隣の高校でも「船を利用する生徒は早く帰りなさい」と放送しています。

夜10時頃・・・、デジタル放送って映像が乱れたりはしないのかしら?
台風といえば、ぶちょおの雨合羽を思い出しますね~。

さて本日も、新聞のテレビ欄の見どころに『ホタルノヒカリ2』がクローズアップされていました。
画像は、瀬乃と蛍の深刻な表情。
だから載せません(笑)
ドラマの方も雲行きが怪しい~?


“結婚”までの長い?道のり、いろんなことが起こるんだろうと想像はしていても、
きっとラストは縁側のホタルとぶちょおだと信じていても・・・
なんだか不安要素・・・と言うより、不快要素になりつつあるのがコワイ(笑)
愛すべきホタルとぶちょおというキャラクターを作り上げてくださった水橋さんも(原作はひうらさんですが)、この壁はきっと苦しかったのではないかしら~?
でも彼女の中では、一貫して筋は通っているんだと思いますが。

ホタルのことなんだから、あまり深刻な描写ではなくて、スカッと天然発揮~な明るいいものにしてほしいですが、瀬乃くんは演技も達者な人気俳優だから、手強い相手よね、ぶちょお~。
あ~なんかマコトくんの、少々ぎこちなかったけれどあの透明感が懐かしいわ。
彼は爽やかな風でした、ホント!(笑)

と心配になりつつも・・・予告やネットで見つけた見逃した番宣のシーンにも、あらら・・?な感じがいっぱい溢れてて(笑)
どこがどうなってあんなシーンになるのやら?と楽しみでもあります。
頑張って見守ります(笑)


そうそう、たまたま『ズームイン!』で、山田姐さんがPRのため台湾へ行かれたという話題に遭遇。
即録画ボタンを押しました!
前回のものが海外ドラマでナンバー3に入る人気ドラマだったらしく、
『ホタルノヒカリ2』が日本で放送中にもかかわらず、台湾でも放送が始まるんですってね。
またまた台湾で、ぶちょお@直人の人気が今まで以上に上がりそうね~ 
ぶちょおが行っていたら、そりゃ~大変なことになってたでしょう(笑)
『スッキリ!』では見かけなかったから、またローカルで終わっちゃった後かなぁ~

山田姐さんが帰られたら、そろそろ撮影も再開される頃でしょうかね?
はるかちゃん、映画との掛け持ちは大変だけど頑張れ~!


さて本格的にお盆休みに入りますね。
今年は特に、義母の四十九日法要まで落ち着かないと思います(一応長男の嫁なので)
この先、感想も書けないかもだけど、みなさんのところは楽しみに拝見させていただくつもりです。
ポチっ!とするところがあれば、応援させてもらってますから  


追記を閉じる▲

【2010/08/11 17:15】 | diary
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: ありがとうございます。
ちぃな
v-83さん、おはようございます!
大変な遅レスで申し訳ありません~!v-435
それも、いろいろご心配してくださってたのに、こちらこそ直メールもせずに・・・v-356
台風の被害などは、全然大丈夫でしたよ。

まだまだ暑い日が続くと思われますが、来月のFCイベを楽しみに頑張りたいと思います。
お互いにね!v-410
まずは、いろいろ波乱な匂いのぶちょおを見守っていきましょうね~。


コメントを閉じる▲
関西からの直友さん をご案内しました。

moblog_df060f25.jpg 

昨日の大鳥居です。
快晴~
しかし、あまりの暑さに・・・煮えそうだった

ひとつひとつイズムで立ち寄ったお店を見て歩きました。
やっぱり杓子の家が一番滞在時間長かったかな~
直ファンでないお嬢様方もいらっしゃったんだけど、
直話で盛り上がってくれました(笑)
お付き合いありがとう♪

私は何回も来てるので、全然写真を撮ってなくて・・・(笑)

夜は定番?いつものお好み焼き屋さんへ。
でもイズムまでに帰りましたよ~(笑)
だったので、楽勝でしたけど。

今日のお昼もお好み焼き♪
熊野のますもとさんへ。
相変わらず楽しいおじちゃんでしたよ。

さて、時間があったので、もうひとつくらい行けるかなということで。

山を降り(笑)海の街・戦艦大和を作った街へ。

大和ミュージアム
街の歴史が展示してあります。

メインのひろばには、moblog_8ac9f1fb.jpg 戦艦大和の1/10の模型。
それでも大きい 2階通路に見える人の大きさ、わかるでしょうか~。

大型資料展示室には、moblog_95b8ca38.jpg 零戦。etc.

いや~初めて入ったわ(苦笑)
資料館建設には市民は反対多数だったのですが、今や観光客でいっぱいです。
これも戦争の一つの歴史なのです。
受け止めなければ。



FCイベント、私は幸運にも希望のところに行けることになりました。
前回ボロボロになった分、リベンジです!(笑)
まぁ期待が大きすぎてもいけませんけどねぇ。
公平にみんなが楽しめるものになるよう、直人さんお願いね~。
って、頑張ってくれてるよね(笑)


運営スタッフは、自分たちの役割の重大さを肝に銘じて取り組んでほしいと、切に思います。
スタッフの不手際は、アーティストの評価に跳ね返ってくるのですから。



追記を閉じる▲

【2010/08/09 20:13】 | diary
トラックバック(0) |
ホタルノヒカリ 第5夜。

ぶ、ぶちょおぉぉ~!何なんですか?またいきなり!
「結婚はやめよう」なんて・・・。
いえ、もう動じません!
あなたがどんな言葉を発しようと動じませんよ、私は(笑)

だってあなたは、ホタルのことが
「好きだよ、大好きだよ」
なんだもの(2回も聞いたから)

ホタルのことを想ってのあの言葉。
それをよ~く分からせてくれた回でしたもんね。
その言葉の中には、深い想いが隠されてるということ、気付く人は気付きます(笑)

バツイチ40男だから・・・いろいろ考えすぎちゃうんでしょうね。
あなたはそういう人なんだよねぇ。

先週のラストの深刻な状況を受け継いで、瀬乃くんからの宣戦布告を受けて悩んでるかと思ったのに
「あんな女に惚れる男がいるなんて」とは。。。笑わせてくれちゃって。
視聴者は、そんな一番の物好きはあなただってこと、とっくに気付いてましたけどね(笑)

プライベートでどんなことがあろうと、公私混同せずちゃんと仕事に取り組む大人なぶちょお。
大人の落ち着き・・相変わらず健在で素敵でした。
そしてまた厳しいぶちょおが戻ってきてくれたことも嬉しかった~。
2になって、ちょっとデレデレのぶちょおに、1夜から少~し違和感を感じてた私。
まぁラブラブ状態の甘~い表情も嬉しいんですけどね、やっぱりぶちょおには適度なデレがしっくりくるわ。。
それと、1を思い出させるような二人の掛け合い、アイテム?が登場したことも嬉しかったですね。


今回のお題は「ビバ!専業主婦」
ぶちょおって達筆!?(笑)
瀬乃との話がきっかけで、専業主婦が楽だと思ってめざすことにしたホタル。
いやいや家事を完璧にこなすことほど大変なことはないですよ~、ホタルちゃん。
ぶちょおはその大変さを分かっててお金に換算してましたが(ぶちょおがした訳じゃないけど)、ほんと無償だものね~。
ぶちょおの家事のハードルはと~っても高い。
それをホタルに求めるのは少々酷だってこと、最初から想定内のことだったんでしょうけど。

まずは、こだわりの煮干しから出汁をとった味噌汁作りから。
なかなか上手くいかないもので。
あはは、ガックシ貯金は増える一方ね、それも連日(笑)
ほんと、その貯金の発想はどこからでしょ?確かに貯まるみたいだけど。

それぞれにホタルが気になる瀬乃くんや小夏さんには、ぶちょおが無理させてると映ったようで、それを指摘されてムッとするぶちょおがいい♪(笑)
言われなくても分かってるよ、俺には俺の想いがあるんだ!みたいな。
でもそこでまたまた考えちゃうのね。

どうしてもぶちょおのために美味しい味噌汁を作りたいホタル(うん、わかるよ!)
無理しなくていい、もう分かったからとホタルを思いやるぶちょお。
ぶちょお、いや直人のあの抱きしめ方と、相手の頭を包み込むように大きな手で優しく髪の毛を撫でる仕草は、いつ見ても絶品だな~。
直人は指に色気があります、ほんと。
頭ナデナデは、ちゅ~の次に好きです(笑)
あんなに抱きしめていい雰囲気なのに、だんだんとエスカレートして言い合いになっちゃうところがまた二人らしいというか、ホタヒカらしいというか~。
あ~、惜しかったけど(何が?)あのやり取りはもう最高です!(笑)

小夏さんのお店作りに関わる山田姐さんのちょっとした失敗で、山田姐さんを助けるためにまた一生懸命な仕事モード(接待だけど)のホタルが見れたことも良かった。
あの伝説のどじょう掬い、はるかちゃん、手を抜いてないなぁ、さすがだなぁと思います!
女優魂よね。
その頑張りが相手に通じて一件落着なわけだけど、瀬乃がさりげなくいいとこもってっちゃいましたね。
そういえばあの覚書とやら、その場で書いてました?(笑)

普段バリバリ仕事のできる山田姐さんの落ち込みは、専業主婦になるという結論にまでいくようで、二ツ木さんも悩むよね~。
「結婚って相手の人生変えちゃうんだな。彼女の生き方変えちゃっていいのかな」と。
それは二ツ木さんが悩まなくても、山田姐さんが決めることだからいいんじゃないのかな。
彼は自分の考えを押し付けたわけじゃないんだから。
はっ?何気にぶちょおは、ホタルに押し付けてる?
二ツ木さんの言葉はぶちょおにも響く言葉だったようで、迷いが生じちゃったわけね。
それで自分にも言い聞かせるように、大切に思う相手とのことだから
「誰もが迷いながら生きてる。迷えばいいさ、立ち止まって確かめればいい」ってことになっちゃうんでしょうね。

帰ると夜なのにホタルが味噌汁を作ってた。
頑張ったよね、それはホタル自身がぶちょおのために頑張りたかったんだから。
でもそれは「激マズ、超マズ、ゲロマズ」だった~(どんな表現だよ、ぶちょお~)
それは単に味見をしなかっただけじゃないよね?ホタル、何か入れた?(笑)
そんな味でも、「ありがとな」とちゃんとお礼を言ってあげるぶちょおの愛の大きさ。
ホタルの頑張りをちゃんと感じていたから。
やっぱりね、ホタルみたいな子のお相手は、ぶちょおみたいに受け止めてくれる人じゃなきゃ務まらないと思うよ。

ぶちょおは、やっぱり無理をさせてるってことに気付いた・・・。
そしてホタル自身が、仕事がしたいと気付いた・・・。
ぶちょおも仕事を頑張ってる時のホタルがどんなに輝いてたか見てたものね。
家事を頑張ることに一生懸命なあまり、仕事に身が入ってないホタルも。
だから「結婚」の二文字の枠から自由にさせてあげたかったんでしょう。。
もう一度ありのままのホタルに戻らせてあげてから、考えてもいいんじゃないかと。

でも完全に突き放したわけじゃないから、同居は続けるのね~。

ぶちょおの短い言葉の中から、気持ちを読み取ることが私たちの課題なのですね(笑)


瀬乃くんの関わりは次回からじわじわ~っとなのか、それとも一気になのか?
若い瀬乃がどう出るか・・・う~ん、若い者同士の方が気が合っていいんだろうか。
これもホタルが決めることですからね。。
きっとぶちょおはまた見守るんでしょうね~。

結婚という枠を外れても、ホタルとぶちょおと縁側があれば、私はそれでいいけどな~。


すみません、ダラダラになっちゃった・・・(笑)


追記を閉じる▲

【2010/08/05 20:49】 | nao(drama)
トラックバック(0) |
今日の新聞。
moblog_63946e53.jpg ワ~イ、ホタルとぶちょお♪


1週間が短いような、長いような複雑な感じ(笑)
確かに早いんですよ。
年々早く過ぎてくような気もするし

でも毎日あれやこれやと、ホタルとぶちょおの二人の状況や想いを再確認している私がいて、もどかしくて・・早く続きが観たくて・・・1週間が遅い気もする~。


今回、ぶちょお@直人に恋をしているから頭から離れないんじゃなくて(笑)あの二人が心配・・って感じなんでしょうね。
いえ、心配はしてないんですよ。
ホタヒカは、ホタルとぶちょおと縁側 のお話だと思っているので、何も心配はしていない(笑)
なのに、このモヤモヤした気持ちは何なんでしょう~。

とにかくホタヒカらしく~。
人の幸せを奪って自分が幸せになるなんていう、ドロドロはないよね!
途中は二人にいろいろ試練がやって来て、切ないお顔のぶちょおが観られることは美味しいことだけれど、基本は前作同様、みんながそれぞれの幸せを願える素敵なキャラでありますように。
気持ちの良い展開に落ち着くことを望んでいます

瀬乃さんと小夏さんを嫌いにならないよう(笑)頑張って見守ります 
まぁ肝心なのは、揺るがない二人の気持ちですね~。
頑張れ、ホタルとぶちょお


追記を閉じる▲

【2010/08/04 17:04】 | diary
トラックバック(0) |
8月になりましたね~。
毎日熱いです(笑)
風流な浴衣の君とお別れして、サメとツーショットなお人。
ぶちょおの間は、浴衣の君のままにしておけば良かったかな~。

さてさて、久々のイズムの感想。
ゲストは錦戸亮くん。
楽しみにしていました~。
次女の影響で、結構所属グループの番組やライブ映像見せられてます、私(笑)

亮ちゃんと並んだオープニング、背の高さからしてお兄さんって感じの微笑ましい画。
そして何より、胸板と二の腕にドキッとしたのでした(笑)
また鍛えてるのかな?

そうそう、亮ちゃんはこんな感じの子(笑)、飾らないというか。。。
人見知りだけど、結構はっきりものを言う(笑)けど優しいのよね。
人見知りってところで、直人も思い当たる節があったのでは?
ほら、『1リットルの涙』で共演した時のこと・・・。
でも話はなかったですね~。
当然、ハグもなかった~(残念~笑)

関西人がみんな面白い人だと思ってほしくないってことはよく言ってるみたいで、
「直くん、それを亮ちゃんに言っちゃダメダメ~!」と娘が叫んでおりましたが(笑)
今回は・・・穏やか~な返事だったみたいですよ(いつもは・・・?笑)
でも充分話は面白かったわよ、亮ちゃん。

ロケは、東京タワーの簡単には入れない場所の見学、特別展望台のまだ上の260m地点へ。
外じゃないですか~。風もすごく強そう~。
でも亮ちゃんと泉ちゃんは全然平気でしたね。
確か亮ちゃんは、バンジーやってましたもんね。
自分で下を見るより、無邪気にはしゃいじゃってる人を見てるほうが怖いよね。

直人が高所恐怖症ってことは散々聞かされてたけど(笑)こんなに怖がってる姿は初めてみたかも。
だってドラマや映画とかの撮影では、結構高いところのギリギリの端に立ってますもんね。
さすが、仕事となったら違う!
って、これも仕事ですが~(笑)

上田さんが仕事放棄しちゃったから、直人はあんな姿を見せながらも(いや~可愛かったよ~笑)ちゃんと付いて回って、相変わらず爽やかなお顔を見せておりました。
ほんと、つやつやよね~。
そんな状況で“光の3原色”を語るなんて、さっすが~!(笑)
“いつものカッコイイ藤木君が・・・”の貴重な映像だったため(笑)ゲストがあまり映ってなかったかな~。
二人のロケだったら、直人きっともっと頑張って立ってたんじゃないでしょうかね~。

映画でパティシエになるということで、スタジオでは変わったスイーツ登場。
液体窒素に浸けた新感覚のチョコロッケ。
あんなに冷たくて味分かるのかな~(だから、冷たいって感想・笑)
ここでも面白い映像が見られましたね 
隣では「え~、ついこの間泊ったホテルじゃん~」(それもライブの遠征で)と大興奮してた娘が一人おりました(笑)

最後は、お~、ルービックキューブ。
もうちょっとだったのね。
お得意なお人のも、いつか見てみたいですね~。

来週は、近藤真彦さん。
出掛けるので帰って来られるかな~。



追記を閉じる▲

【2010/08/02 17:29】 | nao(ism)
トラックバック(0) |

暑中お見舞い申し上げます
ALOE
暑いですね^^;
昨日のイズムは ワタシには久々のhitでした♪
亮ちゃんも あんな風に
無愛想に見えるけど
ハッキリ意思を伝えるし
真面目なトコもあるし
面白いし~♪

確かに関西人はみんな面白い人ばかりと限らないのですが(笑)ケンミンショーの大阪人のケンミン性を信じてはいけません(爆)

亮ちゃんは 1リットルの時
直人の印象を「シュッとした人」って言ってましたよね(笑)



Re: 暑中お見舞い申し上げます!
ちぃな
ALOEちゃん、こんばんは~☆
ほんと、暑いですね^^;

そうですか、ALOEちゃんもhitだったのね♪
亮ちゃんは共演者だからか、ちょっと身内感覚でもあるし~?(笑)
そうあんな風に見えても、あの苦笑いが可愛いしね(爆)

>ケンミンショーの大阪人のケンミン性を信じてはいけません(爆)

はいはい、ケンミンショーは、こちら地方でも当てはまってないこともあるものね(笑)

「シュッとした人」って言う印象、もしかして今回で変わったかもね(笑)


毎日、暑いですね(-_-;)
ヒロリン
私も、錦戸くん ちょっと共演の話を期待したんですけど。
もうちょっと前だから、全然触れられなかったですね~。
メンバーの中では 錦戸くんがいちばん好きです。

そう、あの260Mの場所での直くんは意外でした。
高所恐怖症と知っていても あそこまでとは・・・
つい、心の中で
「大丈夫だよ!立ってみて!」って言っていました。
それにしても、上田さんの職場放棄はビックリしましたね。
ホントに高いところダメなんですね(>_<)

スタジオでのスイーツを食べた時のあの画は笑っちゃいました^_^;

Re: ほんと、暑いですよね~。
ちぃな
ヒロリンさん、こんにちは。
共演の話、少し期待はしてたけど、他局だからないかなぁとも思ってましたけどね。
でもラスフレの話はしましたよね~。
Nのグループのメンバーはみんな爽やかで好きです。
その中でも錦戸くんは、直人ファンとしても親近感湧く人ですもんね。

ヒロリンさんも意外でしたか~。
高所恐怖症というのは周知の事実ですが、映像で観たのは初めてですよね?
私も端まで行かなけりゃ「大丈夫よ!」って思いましたけど。
でも高いところがダメな人はダメなんでしょうね。
それはもう~仕方のないことですよね。

スタジオでのスイーツを食べた時のあの画は楽しかったです!(笑)


コメントを閉じる▲