自由気ままなお絵描きの部屋。 略してペインティングルームN・F(笑) 愛がいっぱい詰まってます☆
先日ちょろっと触れたので、もう半分書いちゃってる気になってますが・・・。

最初の結衣と陽ちゃんの電話のシーンで、「あ、敬語じゃない!」と気づき、元に戻りつつあるんだぁ  と嬉しくなりましたよ~。
ドライな結衣と、距離を縮めたい陽ちゃん(笑)




広との関係はそれとなく上手くいきつつあるけど、結衣とはね~と気になっていたんだと思うけど、そんなところにあの学生たちのデリカシーの無さ
まぁ面と向かってじゃなく、陽ちゃんがたまたま聞いてしまっただけだけど。
でも結衣が広(子ども)のことばかりというのは仕方ない。柏崎家は特別な状況なんだもの。
あの学生たちの会話を聞いて傷ついて落ち込んで帰ったかと思ったら、陽ちゃんの考えてることは違ってましたね(笑)
話の途中でいきなりのハグはびっくりだわよ(笑)
いい雰囲気も作れず、相変わらず不器用なんだから~。
でも結衣もそんなにバッサリ言わなくてもね。さっぱりな性格なのね(笑)

縁側の二人は確かにホタヒカを連想させるけど、ぶちょおとは全く別人でした!キッパリ!(笑)
だけど、脚の長さは変わらなくて、長~~ と思いましたけど。
それにしても陽ちゃん、ことごとくタイミング悪い人よね(笑)
しかし、なんて可愛い旦那さんに仕上げてくれてるんでしょ、直人さん

ナウくんの母親との再会、予告で分かってはいたけど、辛かったですね。
ちょっと何考えてるのかつかめない雰囲気の子だったけど、とっても素晴らしい子で。
大切に思ってくれている生んでくれたお母さんを受け入れることができない広に、かけがえのないたった一人の存在だと分からせるために、あそこまでできるとは。
どうしようもないお母さんだったけど、それも想定してのことだったのかもしれませんね。
優しく受け入れてほしかったという望みはきっとあったでしょうにね。
広の言うように、それでも母親かよ!な酷い言い方だったけど、その中でただ一つ、「勝手に母親像を押し付けないでくれる」は、状況の違いはあれど、子育てに悩んでいるお母さんは思うことがある言葉かもしれないなとは思いました。
でも子供に面と向かってあれはね・・・
帽子を目深にかぶり泣いてるナウくんを見るのは本当に辛かった。
実際に内縁の夫と虐待するような事件もあるので、安定した生活ができるなら、このまま施設で暮らした方が幸せかもしれないね、ナウくん。と思ったりしました。
ナウくんには素敵な女性と巡り合って、絶対幸せになってほしい!そう願わずにはいられなかったわ 
話を聞いている広の瞳が小刻みに揺れていて、道枝くんの演技もなかなか細かかったですねぇ。
そうだね、広には受け止めてくれるしっかりもののお母さん、優しいお父さん、楽しいばあばがいるね。
十分すぎるくらい幸せなことなんだよ~。

結衣のあのツーオクメイクは正解でしたね。
きっと広が反応してくれると思ってたから。
ナウくんのお陰でいい感じで柏崎家に戻れて、そこには温かいお父さんお母さんがいて、とてもいい雰囲気。
陽一父さんがまた素敵なことを言ってくれましたね。
偉い人でいるより、子どもと一緒に釣りがしたかったと。
真っ直ぐ目を見て、温かい言葉です。
陽ちゃんは毎回名言を残してくれそうですね。

結衣だって陽ちゃんとはこのままではいけないとは思ってたよね。
やっと気持ちを伝えて婚姻届けを渡したら、また陽ちゃんの反応の可愛いこと~(笑)
なんなのよ、このおじさん!?ってくらい(爆)
「えっ?」の何段活用?(笑)言い方が全て違うのも素晴らしい~。
陽ちゃんだけが癒しではなくて、結衣の反応も好きで。
「え~え~言ってないで、中身を早く見なさい!」
っていうのも好きだな~(笑)
そっか~、ここでゴロゴロね。
ホタルとは違った意味合いのゴロゴロよね。
辛いストーリーも一気に和みましたよ~。

そんな幸せがすぐに順調に戻ることはなく、次回はまた平穏な生活を引っ搔き回されるようですね。
ジャーナリストに麻子に・・・。
できしな久保くん@後輩くん、つぶやいてたけど、ここで登場なのね~。
偶然とはいえ、麻子は琴音と里恵と出逢って、柏崎オートの経理として雇ってもらうよう出向いて行く。
ではなく、「雇っていただくことになりました」って、これは意図的、もう決定かのように。
麻子さん・・・広を守るために・・・でしょうけど、自分がしてきたことを頭の中で理解できてないんじゃないかな。
周りが見えてなくて、ただひたすら正しかったと正当化しているようで。
西原家の三人はとっても自然でいい味出していますが、こちらは現在のリアルな問題に直面するようで、こちらも気になります。

辛いだけじゃなく笑える部分もあると言っていた直人さん。
その役割が陽ちゃんだったとは意外だったけど、陽ちゃんであってくれて嬉しいです。



追記を閉じる▲

【2017/05/13 19:32】 | nao(drama)
|