さて、感想の続きです。
やっと仕上げました・・・

千早部長とのチューを見ちゃった芹菜は、ふみクンを取り戻すために探偵になったわけですが。
その部長とふみクンが二人で大阪出張、さぁ大変な芹菜と、
息子を探してほしいという依頼で動く芹菜が、同時に進んでいくストーリー。



出張の予定は変更になっちゃって、部長に付き合って広島物産展に行ってましたね。
何故に広島?って思ったけど、ふみクンの広島弁聞けたのは、想定外の収穫で嬉しかったわ(笑)
それにしても、しっかり実際の物産集めてますね、感心~。
お好み焼き、熊野筆、焼き牡蠣、もみじまんじゅう、宮島杓子、尾道ラーメン、あなご竹輪 などなど。
ワタクシ、ブンカッキーは知っておりました
でもずいぶん前に出てきたゆるキャラじゃなかったかな?
今までみせたことのないような、楽しそうでほんといい笑顔のふみクンでしたね。
部長が、かと思っていたら「部長も・・・」ってことだから、ふみクンも広島出身だったのね~(笑)
これは直友さんに言われて気付きました~

息子を探してほしいとの依頼で物産展にやって来てた芹菜は、そんな楽しそうな二人を見ちゃって・・。
もと子に相談したところ、W不倫だ!?ってことで、ふみクンのメールを調べるもと子。
ふみクンの好きなもの?→願望→“serina”と入れてみたら合ってました~。
これは嬉しいわね~!
と同時に、見てる側も何だかほんわか嬉しくなっちゃいませんでした?♪
ふみクン、根っから冷たい夫じゃないってことが証明されたようで良かった~(笑)

ロマンス小説によると、このあと二人はホテルに・・・という展開になるそうで(笑)ふみクンが危ない!?
その通りホテルにいた二人を追って、今回はホテル従業員になって潜入でした。
ワインをこぼして部長と急接近なふみクンの戸惑ったお顔に、久々にドキドキさせてもらったわ
部長の言動は、裏があるよなないよ~な・・まだわかりませんけど。
邪心抜きでも、ふみクンのことが好きな雰囲気はあると思いますよ。
そばで聞いてた芹菜、あの二人の会話を聞いたらますます不安になるよ~。
知らない方がいいこともあるよね。
それでも健気な芹菜を見ていると、応援したくなりますね~。

今回も義父との卓球シーン、良かったですね。
いつも意味深な会話。
今後ストーリーがどう転がっていくか、重要なカギのシーンですね。
少なくとも、最初ふみクンは部長から攻めて行こうとは思ってなかったみたいだけど、都合よくなったってことね。
ミイラ取りがミイラにならないように・・・。
その危ういところまで見せてほしいな~(笑)
今回はふみクンがスマッシュ決めておりました!
さて次回はどうなる?(笑)

夜の物産展会場で、探してた息子と再度出会った芹菜との会話はもっとテンポが早かったら良かったですよね。
芹菜なりにゆっくりと大切なことに気付いて行くには必要な時間だったのかもだけど。
「逃げてちゃダメ、ちゃんと現実と向き合わないと」
「今逃げたら大切なもの逃げて行っちゃう。それでもいいの?」
は、人を励ますことによって自分自身にも気付かせている言葉。
私もだけど(笑)そういうことってありですね。

家に帰ったら、ふみクン帰宅してました。
芹菜にどこ行ってたかなんて聞かないのね~。
ふみクンの方は安心しきっちゃってるのか、関心が薄いのか?(笑)
お風呂上がりの濡れた髪が超せくすぃ~でございました。
一緒にビール飲めて良かった良かった!
ふみクン、普通の夫(美しいけど・笑)だと思うよ~。

今まで右折ができなくて呆れられても諦めて、逃げてばかりの芹菜だったけど・・・。
朝の車の中の部長とフミくんの電話から感じ取って出た行動は、
“右折をする”ってこと。
ふみクンも応援してくれて、出来ました!
もう、思わず拍手しちゃいましたよ。
何たってふみクンの笑顔も最高だったな~。
芹菜のための笑顔よ。
気持ちがスカッとした瞬間です。
こんな風に芹菜が頑張って成長していく度に、ふみクンの笑顔も増えていくと嬉しいですよね。
観ててそんな温かいドラマになっていってくれればいいな~と願っています。

原作はふみクンがあまりに冷たい男だから、他の男にいっちゃってもいいと思うけど(実際は原作をあまりよく知らないけど)
ふみクンのキャラを変えたってことは、救いようのない話にはならないんじゃないかなと思ってるんですが、どうでしょう?
でも途中は、部長と危ういところまでいっちゃっても全然OKです(笑)
芹菜が頑張り続けるためにも、ふみクン、翻弄されちゃってください。
「ふみクンが危ないっ!」
それが芹菜の原動力だものね~(笑)

さて次回もいろいろとあるようで。
あっちもこっちも気になる部分の多いドラマです。

あ、私はあまり書かないんですが。
視聴率がびっくりするほどになっちゃって。
直人も言ってたけど、しっかりしてる本なので、沢山の人に見てもらえると嬉しいんだけど。
ネットや周りの評判もなかなかいいのにね、上手く比例しないものなのですね。

さぁ、もう明日は3話です!
2011.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://painting96nf.blog92.fc2.com/tb.php/1715-3b5e03c0