自由気ままなお絵描きの部屋。 略してペインティングルームN・F(笑) 愛がいっぱい詰まってます☆
WOWOWで、リーディングドラマ『Re:』を観ました。

舞台と言っても、今回は動きの無い朗読劇。
台詞だけで情景や感情の流れを伝えていくものです。

直人さん、また新しいことに挑戦してくれて、また違う魅力で魅せてくれましたね。

他の3組のペアの舞台も、しっかり拝見させてもらいました。
元々私、昔から舞台を観るのが好きなんですよね。



オープニングの映像・照明・音楽すごく良かったですね。
さぁ今から、素敵な物語が始まるという予感・・・。

ストーリーは同じなのに、キャストによって情景が違って見えます。

好きな人が目の前に居るから、演じているから・・・というのが大きい要因だとは思うんですが(笑)
年齢的にも雰囲気的にも合っていたのは、やっぱり直人とベッキーちゃんかなと思います。
まぁこういう出会いや恋愛感情に年齢は関係ないのかもしれませんが、やっぱり美しい情景を求めてしまいますからね(笑)
直人、きっと緊張はしてたでしょうけど、落ち着いて楽しんでいるように見えました。
台詞のテンポ、間の取り方がとっても心地よかった。
私たちは、彼の台詞まわしに慣れているからかもしれませんね。
いや、いつものドラマなどの台詞のテンポより好きだったかも~(笑)
そしてみなさんが言われてた通り、直人は相手の台詞に対しての表情まで作っていたので、目を瞑って聴けなかった(笑)
誠実で色っぽい参太郎さんが目の前に焼きついています。
そんな参太郎さんの表情を、なつきちゃんと重ねた編集も良かったですね。
そして何より、真っ暗な静寂の中のスポットライトに照らされる声に・・・癒されました。

他のベテランの俳優さん。
それぞれの“個性”でしたね~。
しかし生瀬さんがあんなに真面目に演じられるとは~(笑)
いえいえ、好きです!
生瀬さんの参太郎さんも好きでした。
誠実さと色気が感じられたもの。
これもテンポの問題?かもしれませんね。
竹中さん、古田さんは早く軽い感じだったので、女の子に手慣れてる感じがしたから?(笑)
私の受け取り方でしょうか。

女優さん方は、もうなつきちゃんになりきって入り込んでらしたんでしょう。
綺麗な涙が物語っています。


ただ一つ残念だったのは・・・それは私~
実は泣けなかったんです。
真剣に4夜観ましたが、やっぱり泣けなかった。
ものすごく冷静に観てしまっている自分がいました。
早い時点でストーリーに引っかかりを持ってしまって、
なつきちゃんの悲運に同情してあげることが出来ず、ただただ、参太郎さんを振りまわさないでと思ってしまった。
だからか早くに結末が想像できたと言うか、納得してしまったと言うか。
私に乙女心がなくなってしまったからかなぁ~?(笑)
生で観ていたら、もっと違った想いが溢れて来たでしょうか。
ちょっと残念。

最後に辛口でごめんなさい。

もっとたくさんの人が観られる機会を作って欲しかったな~。
罪作りな企画だと思ったわ(笑)



追記を閉じる▲


オープニングの映像・照明・音楽すごく良かったですね。
さぁ今から、素敵な物語が始まるという予感・・・。

ストーリーは同じなのに、キャストによって情景が違って見えます。

好きな人が目の前に居るから、演じているから・・・というのが大きい要因だとは思うんですが(笑)
年齢的にも雰囲気的にも合っていたのは、やっぱり直人とベッキーちゃんかなと思います。
まぁこういう出会いや恋愛感情に年齢は関係ないのかもしれませんが、やっぱり美しい情景を求めてしまいますからね(笑)
直人、きっと緊張はしてたでしょうけど、落ち着いて楽しんでいるように見えました。
台詞のテンポ、間の取り方がとっても心地よかった。
私たちは、彼の台詞まわしに慣れているからかもしれませんね。
いや、いつものドラマなどの台詞のテンポより好きだったかも~(笑)
そしてみなさんが言われてた通り、直人は相手の台詞に対しての表情まで作っていたので、目を瞑って聴けなかった(笑)
誠実で色っぽい参太郎さんが目の前に焼きついています。
そんな参太郎さんの表情を、なつきちゃんと重ねた編集も良かったですね。
そして何より、真っ暗な静寂の中のスポットライトに照らされる声に・・・癒されました。

他のベテランの俳優さん。
それぞれの“個性”でしたね~。
しかし生瀬さんがあんなに真面目に演じられるとは~(笑)
いえいえ、好きです!
生瀬さんの参太郎さんも好きでした。
誠実さと色気が感じられたもの。
これもテンポの問題?かもしれませんね。
竹中さん、古田さんは早く軽い感じだったので、女の子に手慣れてる感じがしたから?(笑)
私の受け取り方でしょうか。

女優さん方は、もうなつきちゃんになりきって入り込んでらしたんでしょう。
綺麗な涙が物語っています。


ただ一つ残念だったのは・・・それは私~
実は泣けなかったんです。
真剣に4夜観ましたが、やっぱり泣けなかった。
ものすごく冷静に観てしまっている自分がいました。
早い時点でストーリーに引っかかりを持ってしまって、
なつきちゃんの悲運に同情してあげることが出来ず、ただただ、参太郎さんを振りまわさないでと思ってしまった。
だからか早くに結末が想像できたと言うか、納得してしまったと言うか。
私に乙女心がなくなってしまったからかなぁ~?(笑)
生で観ていたら、もっと違った想いが溢れて来たでしょうか。
ちょっと残念。

最後に辛口でごめんなさい。

もっとたくさんの人が観られる機会を作って欲しかったな~。
罪作りな企画だと思ったわ(笑)


【2012/06/17 21:27】 | nao(stage)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック