何をどう書いて締めくくっていいかもわからない(笑)
とにかく長いようで短くて、暑くて熱い、待ちに待った今年の夏が終わりました。

いや~、いつもこれが最後かもしれないから・・・なんて思いつつ・・・。
3年間資金を貯めて、6公演、駆け抜けました。
日程的には緩かったはずなのに、やっぱ体力のない私には無謀だったかなと思えるようなツアー回数だったかな。
次回からはもう少し考えようと思います(笑)
な~んてね。。。
でも瞬発力はあると思うのよね~?(笑)

だけど、これだけは言える!
ファイナルには絶対参戦したいって。
それだけ感動の素晴らしいファイナルだったものね。
やっぱり愛を確かめ合って気持ち良く終わりたいから(笑)

↓ 長いです



1日目は2階席。
見晴らしも良く気持ちいい~。
ゆったりとした気持ちで全体を眺めることに決めました。
丸窓も使って気になってるところ確認したりね(笑)
複数回参戦できるなら、階上席も経験してみるべきだと思います。
東京は関係者席に、お~、あの方・・な、お方もチラホラだし(笑)


そして、さすがファイナル!最初から全力投球な感じでしたね。
一曲一曲しっかりと確実に決めていってるのが分かった。
声も良く出てたし、安心して聴けました。
1日目ですでに疲れたけど、全ての力を出しきって頑張るって言ってたものね。
カメラが入ってるっていうのもあるとは思うけど、やっぱりファイナルは特別なんだと感じさせます。

セットリストというか流れがスムーズで、本当に観客を飽きさせない構成になってますよね。
休む間もないくらい次から次へとシーンが移り変わっていく。
直人のライブは照明がキレイ。
まぁライト直撃で眩しくて、直人の顔が見えないと残念なことも時々あるけれど・・・。
そんな照明も含め、全て曲のカラーが違う(はっきり違う)のも見どころだと思っています。

ガツンといっちゃうオープニングから大歓声!
これから始まる楽園への入り口、ドキドキ・ワクワク感が半端ない。
定番曲から新曲を絡め、サクサク進みます。
イズムのテーマインスト曲、本当に素敵なギターテクニック満載で、ギタリスト直人のその指先に見入ってしまうわ。
その姿に、その綺麗な音に、惚れ惚れします。
いつかイズムでも生で披露してほしいと思うほど。

変化を付けてジャズアレンジに。
お座りタイム。これいいよね~(笑)
“A”“クライム”“サムライ”など色っぽくて好きです。
天使さん、アレンジありがとうございます!
直人の言うとおり(笑)大人気分のジャズでうっとりな時間を過ごして、ピアノバージョンに続く。
私はドキドキなんかしないよ(笑)
大人になってから始めた、それも楽譜を追わない弾き方(つまり丸暗記・本人談)、
弾けない私にとっては、尊敬ものだもの。
でもなぜか?結局は見守ってる感じ?(笑)
間違えたってさ~、いつも「良かったよ」って私は思ってしまう(笑)

何でしょね、直人のライブってバラエティーに富んでてハードだけど、そこに流れる空気はがほんわかしてる。
「俺は完璧だ!パーフェクトなものを提供する!俺に付いて来い!」的な押しつけがないんだよね~。
「こんなことしたらみんな喜んでくれるかな~」な~んていう、一見柔らかいベースの上に、
実はしっかりと考えて作られてる構造とでもいいましょうか・・・(笑)
それが直人ライブ。
ファンの笑顔を思い浮かべて作られたライブだから、みんなが笑顔で帰れるのよね。

軽快に“七色”。
後半からパーっと空間が広がっていく感じ。
ぼちぼちスタンディング。
振りも楽しく、怒涛のダンスバージョンに突入していく。
ノリノリできゃっほ~!なダンスの時間ですよ(笑)
私のどこに体力が残っているのかって思うくらい、踊りまくっちゃいますね。
まぁその前にお座りタイムで、たっぷり体力温存させてもらってますからね(笑)

“恋のロックンロールドライブ”は、ほんと名曲~。
直人ライブにはうってつけ!
ローリーさんが若いバンドの子に「あんな曲を作ってください」ってお願いされるくらいっていうんだから。
直人の歌を聴いたからってことよね?
これは直人が魅力的に歌ってるからってことでもあるのよね。
是非受け継がれていっちゃってください。
でも直人のロッククンロールが最高だよね(へへ・笑)

“愛のテーマ”の途中に組み込まれた、ぶちょおのダンスは、これぞファンのハートを射抜いた曲ですよね。
ファンの要求がよ~く分かってる。
まさかここでくるとは思いもよらなかった。
こんなに早くお目にかかれるとは思ってもいなかった。
もう周りみんなも大歓声で、はじめてキャーキャー声出しちゃったかも(あ、川口からですが・笑)
直人のダンスは、指先まで綺麗なのよね。
感極まった映画のクランクアップ、是非特典映像で見せてほしいものです。
この辺にも、直人の人知れず努力の賜物が隠されていたんですね。

“ハニー”はね、シライシさんが他の曲とのバランスを取るために最後に作った曲って聞いた時、
「バランス取れてないじゃないの、同じようなテイストの歌詞じゃん」
って思ったのね。
そして今何故こういう歌詞を直人に歌わせるのか!?が分からなかった。
もう、「君が一番大切だよ」的な甘いラブソングはいいよって。
でも化けましたね(笑)
愛されてるのは私たち♪感謝されてるのは私たち?(笑)
お互い「これからもお願いします~」ですよ。
ダンスもめちゃ可愛いし~♪
心を通わせる歌になりましたね(笑)
単純。気の持ちようでしょうか?(爆)

ダンスバージョン〆の“ヘイフレ”はもう言うことなし!
歌詞ボロボロだったって言ってたけど、私は気付かなかったわ。
ダンス楽しんでたもので~(笑)
ふふ、DVDにそのまま入っちゃうの?(爆)
直人ライブDVDは、変に編集して取り繕わないところが、ある意味凄いと聞きます。
これも良い想い出だものね。
って、実際はどうなってるでしょうかね?(笑)

ラストは気持ちをストレートに伝えてくれる曲“ラフ”
これは素直にしっかり受け取ってます(笑)
直人が直人らしくいられるのなら、喜んでそばにいたいと思います。

東北、特に仙台への想いは、私たちが計り知れない特別な想いがあるんだと思います。
まずは自分を大切に、「生きなくちゃ」ですね。

さてさて、ダブルアンコールのコール、fortyの手拍子の中、メンバー全員がステージに出てきてくれました。
うわぁ~い!やっぱりファイナルよね。

朝起きて声が出るか不安なんだそう。
音楽に対して後ろ向きになっちゃったのは、そんな不安が彼の中に付きまとってるのもあるのかもね。
でもここにはみんなの笑顔があって幸せな空間だと言ってくれた。
だから、またいつになるかはわからないけど戻ってきたいと。
ありがとう。嬉しい。
そのもう迷わない言葉を待ってました。

イントロ聴いて・・・“パーフェクトワールド”だわ~。
とっても好きな歌です。
ファンになる前のシングルは買ってないんだけど、これだけは持ってるんです。
もがきながらも未来に向かっていく歌詞、メロディーもいいし。
今の直人に何かぴったりじゃん?と思ってました。

会場のボルテージも最高潮。
歌を客席に振られてからは、もう精いっぱい歌いましたもん。
恥ずかしさはなく、それは本当に自然にみんなが会場中が歌ってました。
手振りも完璧に揃って。
直人を、直人のライブを、この幸せな空間を、心から待っていたファンの想いが、ぎゅっと詰まって歌に込められてた。
その光景が目に飛び込んできちゃったら、もう声も出なくなるよね。
歌えなくて後ろ向いちゃった。
いいよ、私たちが歌うから~♪
また泣かせちゃってごめん、って思った(笑)
でも泣いていいよ~とも思った。
私たちの前だから見せてくれる涙。
それだけ直人に響いたってことだもの。
心が通じ合えたってことだもの。
私たちの想いを目の前にして、やっと実感してくれたかな?直人~(笑)

何万人も動員できるアーティストはたくさんいる。
ヒット曲を次々飛ばせるアーティストもたくさんいる。
だから。。。?
直人は直人の音楽をやってくれれば、それでいい。

音楽って幅広いものじゃない?何が好きかは人それぞれ。
小さくても素敵なライブはたくさん存在してる。
私たちは、あなたの紡ぎだしてくれる音楽が好き。
そして、あなたという人が好き。
これは一人一人の濃度で言えば、きっと濃いんじゃないかと思うくらい。
あなたの渾身のパフォーマンス、そこに行くまでの努力、素晴らしいってことちゃんと分かってるからね。

って、あれ?あなたになっちゃってる・・・すみません、恥ずかしい文章になっちゃいまして(爆)

「いつになるかわからないけど、またこの場所に帰って来たいと思ってます。
その時はまた来てくれるかな?」
「いいとも~!!!」

ぶふっ・・てなるような楽しい締めくくりだったじゃないですか。
もう最高のファイナルよ!
直人はもちろん、バンドメンバー、ダンサーのみなさんも、楽しいライブをありがとうございました!
直人の人間性に惹かれて、集まってきてくださってるんだと思います。
みなさんにとってもきっと幸せな時間でしたよね?
愛されてるよね、直人さん。
本当に可愛くて愛おしい40歳だわ(笑)

「本当に楽しかったです!じゃあね、バイバイ!」
お馴染の言葉だけど、最高の笑顔。
大きく手を振って別れました。

気持ちのよい夜でした。
笑顔が溢れていた夜でした。

終わっちゃったな~。
でもきっと次の感動に会える。
そう信じて、待ってます。


ここまで、実に長~~い独り言を読んでくださった方、ありがとうございました。
とりあえずこれで〆。
浮かれてないで、現実に戻らなくちゃいけないかな?
あ~、やだな~(笑)
2012.09.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://painting96nf.blog92.fc2.com/tb.php/2045-59280cf8