自由気ままなお絵描きの部屋。 略してペインティングルームN・F(笑) 愛がいっぱい詰まってます☆
日曜日に開催された西行祭に行って来ました。

その前に。。何故西行のための会が催されるかというと。
ここ安浦は、西行が厳島に向かう際に風待ちで一夜を過ごすため立ち寄った場所として、西行庵が建てられている縁の地なのです。
去年、平清盛のロケを見学に行った時に西行庵に行った記事がありますので、こちらをご覧ください~。

波の音が心地よい~西行庵~

ということで、毎年歌を募り、西行を偲ぶ会を開いているようです。

まずは、ロビーに展示された歌の数々を見て回りました。
直接西行に関することでなくても良いみたいで、日常を詠ったものも多かったですよ。
私の心に一番すっと入ったのは、高校生の作品でした。



短歌・小・中・高校生の部 
西行大賞


『張りつめる空気の中で弦たぐる 的射た音が心に響く』 (高1)

たぶん弓道部で自分のことを詠んだものではないかとは思うのですが、思わず静寂の中、的に向かう義清さまを想い浮かべてしまいました(笑)
とても清々しい歌で、心が清められる感じを受けました。

市教育長賞

『あの月とこの風この音この匂い 千年かわらぬふるさとの海』 (中3)

批評には、「西行と清盛を一番感じる一首」とあります。
そうですね~、清盛の時代とこの海は繋がっているんですよね。

入賞者の短歌、俳句の載ったパンフレットが手元にあるのですが、やっぱり何回見てもこの2つが好きです。


そして、ホールにて記念講演 「西行と清盛」 を聞きました。
これは長くなりそうなので、また後で。
こればっかりですみません~(笑)
でもね、書けないようなことも多々おっしゃってたので(爆)ちゃんとレポできるかどうか~。
タイトルとはちょっと話がズレてた気もするけど、なかなか面白かったですよ。




追記を閉じる▲



短歌・小・中・高校生の部 
西行大賞

『張りつめる空気の中で弦たぐる 的射た音が心に響く』 (高1)

たぶん弓道部で自分のことを詠んだものではないかとは思うのですが、思わず静寂の中、的に向かう義清さまを想い浮かべてしまいました(笑)
とても清々しい歌で、心が清められる感じを受けました。

市教育長賞

『あの月とこの風この音この匂い 千年かわらぬふるさとの海』 (中3)

批評には、「西行と清盛を一番感じる一首」とあります。
そうですね~、清盛の時代とこの海は繋がっているんですよね。

入賞者の短歌、俳句の載ったパンフレットが手元にあるのですが、やっぱり何回見てもこの2つが好きです。


そして、ホールにて記念講演 「西行と清盛」 を聞きました。
これは長くなりそうなので、また後で。
こればっかりですみません~(笑)
でもね、書けないようなことも多々おっしゃってたので(爆)ちゃんとレポできるかどうか~。
タイトルとはちょっと話がズレてた気もするけど、なかなか面白かったですよ。



【2012/11/26 23:21】 | diary
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック