自由気ままなお絵描きの部屋。 略してペインティングルームN・F(笑) 愛がいっぱい詰まってます☆
ほらほらまた、金田一くん、やろうとしてることが変わってるよ(笑)
今度は魔法瓶を作るんだそうです。
「作ろうかな~と思って」って、なんか思いつきで行動してるみたいにしか見えないよ~。
実際会社を立ち上げる際の構成、手続き、もろもろの大変さって分かってないみたいだし。

熱意で突き進む・・金田一は先代社長と似てるみたいですね。



反面統一郎社長は、魔法瓶から一切手を引き、家電製品へと事業を拡大していくようです。
『ミラクル エレクトロニクス』
社名からも“魔法瓶”取っちゃうのね~。
彼にとっては、そこまで排除しなくちゃいけないものなんでしょうか。
魔法瓶を残して拡大してもよさそうなものなのに。

事実、○印まほうびんって、最初は魔法瓶のみだったでしょうけど、今は家電売ってますもんね。
IH炊飯器なんて売れてると思うんですけど、魔法瓶もまだあるようです。
ミラクルも、エコの観点で大事なので、魔法瓶も置いててもよかったのでは~?
最後には、象徴であるショーケースの中の歴代魔法瓶も処分しちゃってるし・・・。
そこにどんな感情があるのでしょう?
先代社長の父親に対しての積年の反感なのか、単に臨終の際のあの一言が胸に突き刺さっているからなのか、どうなんでしょう~。
またありましたね。
「お前は社長の器ではない」
っていう回想シーン。
その呪縛に苦しめられる統一郎、苦しそうです~。

でも統一郎のやり方は、非人情的で少々強引であったのかもしれないけれど、会社は持ち直したってことですよね。
広瀬ファンドの社長さんが見てた新聞記事、そうでしたものね。
それにしても広瀬社長、先代が何故魔法瓶を作ろうとしたかとかの話を、金田一じゃなく統一郎社長にしてあげてほしかったわ。
聞かされたからって、統一郎の心が簡単に動くとは思わないけど。
統一郎はそういうことも聞かされてなかったのね。
先代は本妻と息子に愛情を持って接してなかったのかなぁ~?
“社長の器”として、あなたはちゃんと息子を育てましたか~?と言いたいわ。

しかし、先代とは考え方が正反対だったという広瀬社長なのに・・
だったら統一郎のこと分かってあげてほしい(分かるだろう~)と思うのだけど・・・。
助言しつつ、力になってあげてほしいものです。
でも金田一寄りだよね、この人。


思いつき金田一くんの作った究極の魔法瓶。
2日間95℃が保てる魔法瓶、6万円・・・になっちゃいました。
プレミアムで素晴らしいんでしょうけど、そうそう売れるものではないと思うけどなぁ。
特別な状況下以外、一般家庭にはそんなに必要ないと思うもの。

でもこれが、プレミアムなものを求める能見の目に留まっちゃうんですね。
みんなが注目しているもの(ミラクルの商品?)に目を向けても面白くないって考え方の方みたいだから。
しっかし、雑誌に取り上げられて売れたとしても一時的なもので、継続して売れ続けるとは思えないわ。
だって6万円だし~

これからストーリーとしては、金田一が魔法瓶に執着して、価格等もっと研究して究極の魔法瓶を開発して成功ちゃう方向に落ち着いていくのでしょうか?
それで統一郎と対抗させる。
ん・・でも今までの金田一を見ると、また違うものに惹かれて始めていきそう(笑)
苦労して這い上がって行く感が感じられないんですけど・・・。
ま、コメディーですから~、いいのかな?(笑)

それにしても金田一は、いつから魔法瓶があんなに可愛くなっちゃったんでしょうか?(笑)
前から魔法瓶を愛する社員だった?
先代の想いを聞いたから?
親子ってことを、血のつながりを象徴したかったんでしょうか?
だけど、傘さして探してもいいと思うけどね(笑)


次回はなんと、途中にして15分拡大だそうです。
どういう経緯かわからないけど、木村くんのドラマだから出来ること?なのではないですかね?(嫌味ではないよ~笑)

面白いドラマだと思うけど、統一郎寄りでごめんなさいませ~(笑)



追記を閉じる▲



反面統一郎社長は、魔法瓶から一切手を引き、家電製品へと事業を拡大していくようです。
『ミラクル エレクトロニクス』
社名からも“魔法瓶”取っちゃうのね~。
彼にとっては、そこまで排除しなくちゃいけないものなんでしょうか。
魔法瓶を残して拡大してもよさそうなものなのに。

事実、○印まほうびんって、最初は魔法瓶のみだったでしょうけど、今は家電売ってますもんね。
IH炊飯器なんて売れてると思うんですけど、魔法瓶もまだあるようです。
ミラクルも、エコの観点で大事なので、魔法瓶も置いててもよかったのでは~?
最後には、象徴であるショーケースの中の歴代魔法瓶も処分しちゃってるし・・・。
そこにどんな感情があるのでしょう?
先代社長の父親に対しての積年の反感なのか、単に臨終の際のあの一言が胸に突き刺さっているからなのか、どうなんでしょう~。
またありましたね。
「お前は社長の器ではない」
っていう回想シーン。
その呪縛に苦しめられる統一郎、苦しそうです~。

でも統一郎のやり方は、非人情的で少々強引であったのかもしれないけれど、会社は持ち直したってことですよね。
広瀬ファンドの社長さんが見てた新聞記事、そうでしたものね。
それにしても広瀬社長、先代が何故魔法瓶を作ろうとしたかとかの話を、金田一じゃなく統一郎社長にしてあげてほしかったわ。
聞かされたからって、統一郎の心が簡単に動くとは思わないけど。
統一郎はそういうことも聞かされてなかったのね。
先代は本妻と息子に愛情を持って接してなかったのかなぁ~?
“社長の器”として、あなたはちゃんと息子を育てましたか~?と言いたいわ。

しかし、先代とは考え方が正反対だったという広瀬社長なのに・・
だったら統一郎のこと分かってあげてほしい(分かるだろう~)と思うのだけど・・・。
助言しつつ、力になってあげてほしいものです。
でも金田一寄りだよね、この人。


思いつき金田一くんの作った究極の魔法瓶。
2日間95℃が保てる魔法瓶、6万円・・・になっちゃいました。
プレミアムで素晴らしいんでしょうけど、そうそう売れるものではないと思うけどなぁ。
特別な状況下以外、一般家庭にはそんなに必要ないと思うもの。

でもこれが、プレミアムなものを求める能見の目に留まっちゃうんですね。
みんなが注目しているもの(ミラクルの商品?)に目を向けても面白くないって考え方の方みたいだから。
しっかし、雑誌に取り上げられて売れたとしても一時的なもので、継続して売れ続けるとは思えないわ。
だって6万円だし~

これからストーリーとしては、金田一が魔法瓶に執着して、価格等もっと研究して究極の魔法瓶を開発して成功ちゃう方向に落ち着いていくのでしょうか?
それで統一郎と対抗させる。
ん・・でも今までの金田一を見ると、また違うものに惹かれて始めていきそう(笑)
苦労して這い上がって行く感が感じられないんですけど・・・。
ま、コメディーですから~、いいのかな?(笑)

それにしても金田一は、いつから魔法瓶があんなに可愛くなっちゃったんでしょうか?(笑)
前から魔法瓶を愛する社員だった?
先代の想いを聞いたから?
親子ってことを、血のつながりを象徴したかったんでしょうか?
だけど、傘さして探してもいいと思うけどね(笑)


次回はなんと、途中にして15分拡大だそうです。
どういう経緯かわからないけど、木村くんのドラマだから出来ること?なのではないですかね?(嫌味ではないよ~笑)

面白いドラマだと思うけど、統一郎寄りでごめんなさいませ~(笑)


【2012/11/30 12:40】 | nao(drama)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック