nao
なんだか、のんびり~と過ごしているのに更新が進まないGWです。
こりゃいかん(笑)

やっとコレを読み始めました。

「神様のボート」源孝志監督・著の moblog_72e87955.jpg

会報でも直人さんからオススメされましたね~(笑)
それにしてもいつも思うことだけど、直人さんのイラストは上手いっ!!
描いてるのは彼ですよね?
みなさん、比べてみてください(笑)


かなり分厚いので、直人さんに脳内変換できるラブストーリーじゃないと、なかなか読み進められないかなと思いつつ読み始めたのですが・・・。
なんと。面白い!!
どんどん続きが読みたくなってしまいます。
監督これ、映像化する予定だったんですよね?
まだ半分のところなので、これからどう展開して行くのかわかりませんが、確かにあの部分が難しそうなのかな~。
でもちょっと見てみたい気もするわぁ。
そうインパクトのあるキャラではないかもだけど、直人さんはキ○ちゃんかな?(笑)
あ、途中なのでまだ何とも言えないですけどね。
それにしても小説を書かれる方って博学でないと。。。ですね。
監督凄~い!と思いました。
いつか直人さんでまた素敵な大人のラブストーリーを、是非是非源監督にお願いしたいなと思います!
映画だともっと大胆に表現できるし~、それにちゃんと応えられるお人ですから(笑)
どこにも行かなければ、あと1.2日で読めるでしょうか~。

そしてそして、直人さんのGWは、おうちで柏餅ではなくお仕事のようですね。
連ドラだものね、それは仕方ない(私たちは嬉しい!?笑)
熱直によると、現場の楽しそうな中心が直人さんのようで?(笑)良かった良かった。
アレはやっぱり自慢できるものの一つだと思いますよ。
たとえコツが分かっても、努力と集中力がないと上達しないものね。
頭の回転の速い(賢い)直人さんは、やっぱり私たちの自慢で~す 


そしてついでに書いちゃお~。
久々にイズムですが、ゲストは大沢たかおさんでした。
やっぱり俳優さんがゲストっていいですね~。
こちらも直人さん側に立って、興味を持って聞ける。
え?まだ?ってくらいいろいろ盛沢山なお話が聞けて面白かったぁ。
いや~、大沢さんの天然具合も初めて知りましたし~(笑)

実は私、ある時期まで彼は何となく苦手な方だったんですよ。
何が・・・ってわからないんですけど~。
たぶん、『愛し君へ』の原作でもある映画の『解夏』を同時期に観て、比べちゃったからじゃないかと。
片や俊介さんは、サイコーに感動させてくれて大好きになってしまった愛しい君ですからね(笑)
単純に、持つ雰囲気や演技の“好み”の違いだったのかな~。
そんなに彼の作品を観てないくせに、何を言う~ですが
でも仁先生あたりから好きになりました。
やっぱり素敵な役者さんだと。
そしてこの間のガリレオのゲスト、良い役ばかりでなくこういう役も選ばれるのね、と思ったのも好印象。
安定した役ばかりじゃ、役者としてつまんないですもんね。
そして、今回のイズムのあの素(爆)
このギャップが何とも言えませんでした~(笑)
大沢さん、「ビッグになりたい」だったそうですが、ビッグ感を押し付けてない素がいいですね。
素でもカリスマ的な雰囲気を醸し出してる人は、やっぱり苦手みたいです、私(笑)

2013.04.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://painting96nf.blog92.fc2.com/tb.php/2265-2b3b785f