自由気ままなお絵描きの部屋。 略してペインティングルームN・F(笑) 愛がいっぱい詰まってます☆
おお、そうきましたか~。

Doctor-X OPE8。
最終章、ラストに続く回ですね。

私がコンサートから帰って来た時、娘二人は真剣に見入ってました(笑)
私が観たのはラスト10分くらい。
そのあとすぐ観返したけど、
「あ~、これはこいうこと?」「これはこうなるのね?」「近藤くん、頑張ったのね?」
と言いながら観てたら、
「まぁ、黙って観てたら分かるよ~」
と娘たちに言われちゃったわ(笑)






本院では主任教授戦が本格的にスタート。
蛭間陣営は少々苦戦の最中、蛭間教授をさらに追い詰める事態が。
裕華子お嬢様にメラノーマの転移ガンが発見されたけど、病状は深刻で、オペの成功例はアメリカで数例あるのみ。
一代さんはアメリカ搬送を提案するけれど、蛭間教授は帝都医大でオペをすると言い張る。
近藤くんは裕華子お嬢様を救える術式を検索してました。
お~、教授の部屋をもらってました!わ~、すごいっ!
白衣も進化したらしいですね。
そう言われるとそんな気が・・・(笑)
海老ちゃんの部屋は見たことないですけど、あるのよね?と思っちゃった(いつも医局にいるイメージだから~・笑)
そして近藤くんはその部屋で、過去にアメリカで成功を遂げた医療チームの中に、Doctor-Xの名前を見つける。。。
ここで何かに勘付きましたよね?近藤くん。
そして賭けに出る。
未知子を影武者として自分が執刀医となることを決断するのね。
未知子はどこでもいいように使われ放題だけど、オペが出来ればそれでいいので、どちらにも利になるってことで、もう暗黙の了解ですね。

帝都医大をクビになった未知子は謎の依頼主からの要請で高松へ派遣され、そこで漁師に憧れる少女・本院でもオペは不可能との判断をされた病気の九留美と出会うのね。
あの電話の謎の依頼主が最後まで誰か分からなかったけど、最終回で判明するんでしょうかね?

九留美を助けたいとの強い想いから、近藤くんの影武者としてオペをする報酬として、彼女を本院に呼びよせる交換条件を出したわけね。
なるほど~。

でも裕華子さんのオペ、途中から近藤くんに任せてました。
近藤くんは同じ術式で失敗しちゃった過去があるみたいで、それを未知子に言ってましたね。
それを知ったから、それがトラウマとなってた近藤くんに自信を取り戻させるためにさせたのよね?
近藤くんの力量も分かってたからだと思う。
すごい、頑張った!見事オペ成功させてましたね。
これね~、本来なら上司となる海老名教授とか蛭間教授が今までにしっかりアドバイスして育てていたなら、近藤くんのオペの腕ももっと早く上達してたはずだと思うのね。
優秀でないと入れない道を通って来たんだから、彼はできないドクターではないんです。
そこら辺の彼の描かれ方が、少し残念ですよね。

看護師の理沙ちゃん、近藤くんのことが本当に好きなんじゃないでしょうか。
成功の道をたどって欲しいと思ってる?
彼のこと、いいドクターだとアピールしてるような気がする。
裕華子お嬢様のを後押しするようなこと言ってたし、本当は近藤ドクターがオペをしたってことを蛭間教授に言ってたし。
それを知った蛭間教授はご立腹でした。
え~、いいじゃない、あなたが目を掛けている近藤くんが立派にオペを成功させたんだから。
それも、大事な娘の難しいオペをして助けたんだから。
でもそれ以上に、交換条件を提示しておきながらオペをしなかった未知子が許せなかったんでしょうね。

さて最終回は、九の付く患者、九留美ちゃんの超難関なオペに挑む未知子。
蛭間教授の妨害がありますよね
てっぺんからの景色をみてみたいと、野心満々な近藤くんだけど、未知子のスーパードクターぶりを1番知っている彼は一体どう出るのか?
蛭間教授に忠誠心を示して、主任教授にのし上げてもらう野望を取るのか、正義の未知子に手を貸すのか、見どころですね。
てっぺんに行くのも一つの目標だったかもしれないけど、近藤くんにはやっぱり、腕が良くて患者の気持ちの分かるドクターになって欲しいんですけどね~。
近藤くん、始まった頃はボロボロになっても構わないわ~と思っていたけど、やっぱりすっきり気持ちのいい結末を望みたいものです(笑)

近藤@直人さん、ちょっとお疲れ顔のこともあったけど、今回もカッコ良かったよ~。
白衣もスーツもコート姿も。。表情も。
白衣着てると、より脚が長く見えません?
娘がいつも「脚、長~~!」と言ってます(笑)



追記を閉じる▲





本院では主任教授戦が本格的にスタート。
蛭間陣営は少々苦戦の最中、蛭間教授をさらに追い詰める事態が。
裕華子お嬢様にメラノーマの転移ガンが発見されたけど、病状は深刻で、オペの成功例はアメリカで数例あるのみ。
一代さんはアメリカ搬送を提案するけれど、蛭間教授は帝都医大でオペをすると言い張る。
近藤くんは裕華子お嬢様を救える術式を検索してました。
お~、教授の部屋をもらってました!わ~、すごいっ!
白衣も進化したらしいですね。
そう言われるとそんな気が・・・(笑)
海老ちゃんの部屋は見たことないですけど、あるのよね?と思っちゃった(いつも医局にいるイメージだから~・笑)
そして近藤くんはその部屋で、過去にアメリカで成功を遂げた医療チームの中に、Doctor-Xの名前を見つける。。。
ここで何かに勘付きましたよね?近藤くん。
そして賭けに出る。
未知子を影武者として自分が執刀医となることを決断するのね。
未知子はどこでもいいように使われ放題だけど、オペが出来ればそれでいいので、どちらにも利になるってことで、もう暗黙の了解ですね。

帝都医大をクビになった未知子は謎の依頼主からの要請で高松へ派遣され、そこで漁師に憧れる少女・本院でもオペは不可能との判断をされた病気の九留美と出会うのね。
あの電話の謎の依頼主が最後まで誰か分からなかったけど、最終回で判明するんでしょうかね?

九留美を助けたいとの強い想いから、近藤くんの影武者としてオペをする報酬として、彼女を本院に呼びよせる交換条件を出したわけね。
なるほど~。

でも裕華子さんのオペ、途中から近藤くんに任せてました。
近藤くんは同じ術式で失敗しちゃった過去があるみたいで、それを未知子に言ってましたね。
それを知ったから、それがトラウマとなってた近藤くんに自信を取り戻させるためにさせたのよね?
近藤くんの力量も分かってたからだと思う。
すごい、頑張った!見事オペ成功させてましたね。
これね~、本来なら上司となる海老名教授とか蛭間教授が今までにしっかりアドバイスして育てていたなら、近藤くんのオペの腕ももっと早く上達してたはずだと思うのね。
優秀でないと入れない道を通って来たんだから、彼はできないドクターではないんです。
そこら辺の彼の描かれ方が、少し残念ですよね。

看護師の理沙ちゃん、近藤くんのことが本当に好きなんじゃないでしょうか。
成功の道をたどって欲しいと思ってる?
彼のこと、いいドクターだとアピールしてるような気がする。
裕華子お嬢様のを後押しするようなこと言ってたし、本当は近藤ドクターがオペをしたってことを蛭間教授に言ってたし。
それを知った蛭間教授はご立腹でした。
え~、いいじゃない、あなたが目を掛けている近藤くんが立派にオペを成功させたんだから。
それも、大事な娘の難しいオペをして助けたんだから。
でもそれ以上に、交換条件を提示しておきながらオペをしなかった未知子が許せなかったんでしょうね。

さて最終回は、九の付く患者、九留美ちゃんの超難関なオペに挑む未知子。
蛭間教授の妨害がありますよね
てっぺんからの景色をみてみたいと、野心満々な近藤くんだけど、未知子のスーパードクターぶりを1番知っている彼は一体どう出るのか?
蛭間教授に忠誠心を示して、主任教授にのし上げてもらう野望を取るのか、正義の未知子に手を貸すのか、見どころですね。
てっぺんに行くのも一つの目標だったかもしれないけど、近藤くんにはやっぱり、腕が良くて患者の気持ちの分かるドクターになって欲しいんですけどね~。
近藤くん、始まった頃はボロボロになっても構わないわ~と思っていたけど、やっぱりすっきり気持ちのいい結末を望みたいものです(笑)

近藤@直人さん、ちょっとお疲れ顔のこともあったけど、今回もカッコ良かったよ~。
白衣もスーツもコート姿も。。表情も。
白衣着てると、より脚が長く見えません?
娘がいつも「脚、長~~!」と言ってます(笑)


【2013/12/14 22:38】 | nao(drama)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック