今日は開館してました(笑)
パナソニック汐留ミュージアム所蔵





宗教画家と言われるルオー。
キリストや聖書の世界が多いのはもちろん、サーカスや道化師に深い共感を持っていたようです。
全てのものに黒く太い輪郭線で描かれているのは、ステンドグラスに由来する(若き日、ステンドグラス職人だった)からなんですね。
晩年に行くほど、色彩のある世界になり、キリストや道化師の顔も穏やかになっていく。
やっぱり『マドレーヌ』(↑の看板の女性の絵)の色使いは綺麗でした。

ゆっくりと時間を掛けて見て回って、久々に心落ち着くひと時が過ごせました~。
たまには美術館にも行かなくちゃね。


直人さん関係は、お目目更新。
今日はそちらね。
お疲れさま。
カッコ良かったかな~?(笑)

2014.09.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://painting96nf.blog92.fc2.com/tb.php/2711-8f5ff390