自由気ままなお絵描きの部屋。 略してペインティングルームN・F(笑) 愛がいっぱい詰まってます☆
初回のシリアスで重い感じが、少しライトになりましたね。
クスッと笑えたりするところもありました。

しかし~、冒頭の1話のシーンは長すぎじゃありません?
1話を見逃した人を掴もうってことでのダイジェストかな?
でも次からは、繋ぎのための振りかえりは少しにして、新しいシーンからお願いしたいですけどね~。
もう編集終わってるでしょうけど。



入れ替わってしまった友美と薫。
どうあがいても仕方ないので、それぞれの生活を受け入れる状態になってしまいましたね。
取りあえず自分の状況を細かく伝えあって、乗り切ろうとしてました。
友美は薫の仕事をこなせるだろうか?とか、薫は家事や子育てをこなせるだろうか?とか心配だったけど、
あっさりと立ち振る舞っておりました(戸惑ってはいたけどね・笑)
少しあっけない感じだったけど、なんか見てて頑張れ~と応援したくなったり~(笑)

友美が不公平だと言ってたけど、今回は薫も辛かったかな。
友美のお母さんとのシーンで、お母さんの口から自分のことが語られたから。
他人の暮らし(親友だけど)を生きるってことは、知らなかったことを知って、
失ったり傷ついたりすることでもあると気付かされるよね。
その反面、薫は今まで感じることのできなかった家族の温かさを感じられたり、
友美は夫との時間を取り戻せて幸せな気分にもなったりもして、どちらも少しだけど与えられた状況を楽しんでる様子も観られて、こちらも緊張が緩んだかも。

春子に呼び出されカフェで3人で会うシーンの会話では、お互いを演じながらもつい自分が出てきて言い合いになっちゃうという、とっても複雑な友美と薫でしたね。
それが観ている側は、可笑しくも楽しくもありました。。
春子には、昔からそうだったように、緩衝材になってほしいですね。
一人の中に二人の人物がいるみたいで、本当に永作さんも石田さんも混乱されたことでしょうね~。
すごいな~と感心しましたわ。

岡田さんというと、本当にリアルで自然な会話がお得意なので、そういうポンポン出てくる二人の会話、
見たかったシーンの一つなので、三人の会話についつい引き込まれて見てました。
その間は、洋介のことなんか忘れるくらい(笑)
これからもそんなやりとり、たくさん期待しています。

と思ってたところへお祭りシーン。
いや~、直人さん、パパ役、微笑ましく自然でしたね。
今なら余裕で観られるので、今で良かったかも(笑)
未だにダメな方もいらっしゃるかもしれませんけど。

洋介は、こんなにも幸せなしっかりとした居場所があるのに、どうして薫との関係を続けているのか本当に謎。
洋介の心の中が表れていないから何とも言えないけど、彼はどこでも落ち着いていて自然体で、全く後ろめたさも感じさせないし。
だからかな、それほどにっくき悪い奴には見えなくて。
やってることは本当にイケナイことなのにね(たとえ中身は妻でも妻とは思ってないしね)、スマートにやりこなしてる。
見てる方としては、二面性があってとても魅力的ですが。

だけど、光雄と洋介のバーでのシーンはちょっと~。
とって付けたような出会いだったし(ひょんなことから・・らしいけど)あんなところでお互いの浮気な部分の自慢話する~?
笑える部分なんでしょうけど、信じられん!って感じ(笑)
嬉しそうに盛り上がってる~。
アホやね~、この男たちって思ってしまったわ。
そのうち笑ってられなくなる日が来るんじゃないかと思いますけどねぇ。

洋介と薫のラブなシーンは、1話目が洋介が攻めて濃厚だったので、ちょっぴり控えめだったかな~と思うけど(笑)
今回は友美が積極的で、また違ったシーンになっていたと思います。
友美が今手にしている生活の中で、唯一の幸せなんだものね、そりゃ割り切って幸せを感じたいわ。。
洋介の言葉や薫の言葉から、少し自信が持てたのもあるかもしれないですね。
もう少し見せてくれても良かったのにな~(笑)

今後、登場人物一人一人の状況や心情がどう揺れ動いて行き、どんな方向に進んで行くのか目が離せません!


なんだかまとまらない文章になって来ていますが、最後にひとつ気になったことを。

冒頭の学生時代の夏祭りのシーンで、春子が友美の浴衣姿を見て
「友美可愛い、似合うね浴衣」
と言うところがあるんですが、友美は

「顔が和風だからね、どっちかって言うと」

と返しています。

星野家で夏祭りに行く前に、洋介が友美の浴衣姿を見て
「いいね、良く似合う」
と言ったら、薫である友美が、全く同じく

「顔が和風だからね、どっちかって言うと」

と答えています。

岡田さん、友美と薫に意図して言わせた台詞ですよね?
二人が通じ合っているのか、何かの伏線なのか?きっと深い意味があるんじゃないかな~とふと思ったんですが、どうでしょう?
今後明かされてくるいろいろな謎に繋がる何かがあるのか、頭の隅に気に留めて観ることにしま~す。





追記を閉じる▲



入れ替わってしまった友美と薫。
どうあがいても仕方ないので、それぞれの生活を受け入れる状態になってしまいましたね。
取りあえず自分の状況を細かく伝えあって、乗り切ろうとしてました。
友美は薫の仕事をこなせるだろうか?とか、薫は家事や子育てをこなせるだろうか?とか心配だったけど、
あっさりと立ち振る舞っておりました(戸惑ってはいたけどね・笑)
少しあっけない感じだったけど、なんか見てて頑張れ~と応援したくなったり~(笑)

友美が不公平だと言ってたけど、今回は薫も辛かったかな。
友美のお母さんとのシーンで、お母さんの口から自分のことが語られたから。
他人の暮らし(親友だけど)を生きるってことは、知らなかったことを知って、
失ったり傷ついたりすることでもあると気付かされるよね。
その反面、薫は今まで感じることのできなかった家族の温かさを感じられたり、
友美は夫との時間を取り戻せて幸せな気分にもなったりもして、どちらも少しだけど与えられた状況を楽しんでる様子も観られて、こちらも緊張が緩んだかも。

春子に呼び出されカフェで3人で会うシーンの会話では、お互いを演じながらもつい自分が出てきて言い合いになっちゃうという、とっても複雑な友美と薫でしたね。
それが観ている側は、可笑しくも楽しくもありました。。
春子には、昔からそうだったように、緩衝材になってほしいですね。
一人の中に二人の人物がいるみたいで、本当に永作さんも石田さんも混乱されたことでしょうね~。
すごいな~と感心しましたわ。

岡田さんというと、本当にリアルで自然な会話がお得意なので、そういうポンポン出てくる二人の会話、
見たかったシーンの一つなので、三人の会話についつい引き込まれて見てました。
その間は、洋介のことなんか忘れるくらい(笑)
これからもそんなやりとり、たくさん期待しています。

と思ってたところへお祭りシーン。
いや~、直人さん、パパ役、微笑ましく自然でしたね。
今なら余裕で観られるので、今で良かったかも(笑)
未だにダメな方もいらっしゃるかもしれませんけど。

洋介は、こんなにも幸せなしっかりとした居場所があるのに、どうして薫との関係を続けているのか本当に謎。
洋介の心の中が表れていないから何とも言えないけど、彼はどこでも落ち着いていて自然体で、全く後ろめたさも感じさせないし。
だからかな、それほどにっくき悪い奴には見えなくて。
やってることは本当にイケナイことなのにね(たとえ中身は妻でも妻とは思ってないしね)、スマートにやりこなしてる。
見てる方としては、二面性があってとても魅力的ですが。

だけど、光雄と洋介のバーでのシーンはちょっと~。
とって付けたような出会いだったし(ひょんなことから・・らしいけど)あんなところでお互いの浮気な部分の自慢話する~?
笑える部分なんでしょうけど、信じられん!って感じ(笑)
嬉しそうに盛り上がってる~。
アホやね~、この男たちって思ってしまったわ。
そのうち笑ってられなくなる日が来るんじゃないかと思いますけどねぇ。

洋介と薫のラブなシーンは、1話目が洋介が攻めて濃厚だったので、ちょっぴり控えめだったかな~と思うけど(笑)
今回は友美が積極的で、また違ったシーンになっていたと思います。
友美が今手にしている生活の中で、唯一の幸せなんだものね、そりゃ割り切って幸せを感じたいわ。。
洋介の言葉や薫の言葉から、少し自信が持てたのもあるかもしれないですね。
もう少し見せてくれても良かったのにな~(笑)

今後、登場人物一人一人の状況や心情がどう揺れ動いて行き、どんな方向に進んで行くのか目が離せません!


なんだかまとまらない文章になって来ていますが、最後にひとつ気になったことを。

冒頭の学生時代の夏祭りのシーンで、春子が友美の浴衣姿を見て
「友美可愛い、似合うね浴衣」
と言うところがあるんですが、友美は

「顔が和風だからね、どっちかって言うと」

と返しています。

星野家で夏祭りに行く前に、洋介が友美の浴衣姿を見て
「いいね、良く似合う」
と言ったら、薫である友美が、全く同じく

「顔が和風だからね、どっちかって言うと」

と答えています。

岡田さん、友美と薫に意図して言わせた台詞ですよね?
二人が通じ合っているのか、何かの伏線なのか?きっと深い意味があるんじゃないかな~とふと思ったんですが、どうでしょう?
今後明かされてくるいろいろな謎に繋がる何かがあるのか、頭の隅に気に留めて観ることにしま~す。




【2014/10/23 16:51】 | nao(drama)
トラックバック(0) |


なっちゃん
こんばんは~☆です。

凄く分かりやすい感想をありがとうございました。ほんと、とても奥が深いと言うか含みも多そうなお話なので、私も感想を書いていたら、気がつくと長~い文章になっていてビックリです(笑)

友美の母親は本当にきっついお方なんですね。友美が洋介にあんな風になりたくないと言っていた理由が良く分かります。悪い人ではないんんでしょうけれど、お付き合いするのにはしんどい感じです。しかし、あの場で薫は、友美が母親と仲違いしてしまうくらい自分を本当に親友だと思っていた事も知ったわけで、自分に対するきつ言葉は辛かったとも思いますが、いろんな事が頭をよぎったんだろうな、と思いました。
1話の終わりが重たかったんで今回は一人で録画を見たんですが、これなら家族がいても大丈夫だったかな(笑)。

Re:
ちぃな
なっちゃん、こんばんは~☆

いやいや、前はもっときちんと感想書いていたんですけどね。
この頃は網羅出来てなくても、ま、いいか~な気持ちですv-356
つい長くはなるんだけど、まとまっているかは?です。
ほんと奥が深いお話ですよね~。

友美の母親のシーンでは、そうでしたね、友美の薫に対する気持ちも知れたわけで、良いこともありましたね。
だけど、いろんな事が頭をよぎって複雑だっただろうと思います。
戸惑いで返す言葉も出ない友美(薫)@永作さんの表情が素晴らしかったです。

ドラマって、1話は印象深くするために衝撃的な内容になっているものが多いですよね。
ぼちぼちラブシーンも少なくなる(なくなる?)でしょうし(笑)、会話なども少し軽めになってきているので、家族と見ても大丈夫かな?(笑)
録画して一人で観ようと思ってらっしゃる方も多いでしょうけど、できればリアルタイムで見て欲しいですね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~☆です。

凄く分かりやすい感想をありがとうございました。ほんと、とても奥が深いと言うか含みも多そうなお話なので、私も感想を書いていたら、気がつくと長~い文章になっていてビックリです(笑)

友美の母親は本当にきっついお方なんですね。友美が洋介にあんな風になりたくないと言っていた理由が良く分かります。悪い人ではないんんでしょうけれど、お付き合いするのにはしんどい感じです。しかし、あの場で薫は、友美が母親と仲違いしてしまうくらい自分を本当に親友だと思っていた事も知ったわけで、自分に対するきつ言葉は辛かったとも思いますが、いろんな事が頭をよぎったんだろうな、と思いました。
1話の終わりが重たかったんで今回は一人で録画を見たんですが、これなら家族がいても大丈夫だったかな(笑)。
2014/10/23(Thu) 18:16 | URL  | なっちゃん #-[ 編集]
Re:
なっちゃん、こんばんは~☆

いやいや、前はもっときちんと感想書いていたんですけどね。
この頃は網羅出来てなくても、ま、いいか~な気持ちですv-356
つい長くはなるんだけど、まとまっているかは?です。
ほんと奥が深いお話ですよね~。

友美の母親のシーンでは、そうでしたね、友美の薫に対する気持ちも知れたわけで、良いこともありましたね。
だけど、いろんな事が頭をよぎって複雑だっただろうと思います。
戸惑いで返す言葉も出ない友美(薫)@永作さんの表情が素晴らしかったです。

ドラマって、1話は印象深くするために衝撃的な内容になっているものが多いですよね。
ぼちぼちラブシーンも少なくなる(なくなる?)でしょうし(笑)、会話なども少し軽めになってきているので、家族と見ても大丈夫かな?(笑)
録画して一人で観ようと思ってらっしゃる方も多いでしょうけど、できればリアルタイムで見て欲しいですね。
2014/10/23(Thu) 22:51 | URL  | ちぃな #YInHV9pY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック