自由気ままなお絵描きの部屋。 略してペインティングルームN・F(笑) 愛がいっぱい詰まってます☆
ちょっとだけでもドラマの感想を書いておこうかな~。

心がポキッとね ♯7
癒されたというか、じんわり、ホロリとさせられた回でしたね。

春太がぶちまけちゃって、女性二人が怒って、男男、女女の生活が始まっちゃった割には、険悪でもなく会話に愛があって面白いというか。
春太と静も相変わらず元夫婦のいいテンポだし、ギャンギャン言ってガサツな感じのみやこだけど、春太とみやこの関係もなんかいい。
すごくいい子だよね。
心と静の会話もすごくいいシーンだったわ~。






昔の会社で春太が傷つけた子が現れて、想いをぶつけるシーンは、両方とも辛かったよね。
傷つけられた子は決して忘れることのできない傷だし、今更謝られてももうどうにもなることではないんだけど。
春太は自分のしたことを今はちゃんと分かっていて、本当に申し訳ないと思っている。
意味がないということも分かっているけど、謝ることしかできない。
でも彼女が現れて責められたことで、和解はできないけど一歩だけ踏み出せて、過去にけじめをつけられたのかもしれないですね。
ここから前に進めばいいと思う。
幸いなことにそばには、過去にやってしまったことから逃げられない経験を持ってるみやこがいる。
同じように過去の清算を自らして、春太を辛さから少しでも救おうとしてましたね。
お互い壊れずに頑張ろうって仲間。春太だけじゃないってことが言いたかったらしい。
いい子だね、何か良かったな~。
ケンジにはちょっと頭にきたけど。

春太とみやこが帰らないから、心と静は二人で食事をすることになって。
心の告白、切なかったね~。
今までに彼女たちからいろいろ言われてたのね。
今まではあっけらかんとしてたようだったけど、実はちゃんと分かってて、それなりに辛い想いをしてたんでしょうね。
「俺、空っぽだし」
わ~、ズキッときた~、泣けてきたよ~。
静と同感。もう言わなくていいから・・・。
そんなことないでしょ?、誰にでもわけ隔てなく優しく出来る大きな心を持っているじゃない。
心には誰にも真似出来ない優しさが詰まってると思うよ。

この心の告白には静も響いたようで、自分を見つめ直すきっかけにもなったかな。
「素敵な男とちゃんと恋愛をしてる人になりたかっただけかも」
「本気の恋じゃなかったのかもしれないな~」
確かに傍から見てもそんな感じを受けてましたが・・・。
でも静、男前でしたね!
「ちゃんと始めてみよっか、恋」
これ、名台詞かも~(笑)
一瞬茫然として、さよならと言われるのかと思った心。
静の、「言わないよ~」にジーンときて、心のだんだんと潤んでくる瞳に貰い泣きしそうでした。
ここのところの直人さんの表情の変化にはノックアウトだわ。
静は更に愛おしくなったでしょうね~。
春太とのように少し言い合いが出来るようになって、喧嘩に乾杯!(笑)
これって、心の成長か?(笑)
心にはお母さんの様な年上がいいんでしょうね。
こちらも一歩踏み出せた?

春太とみやこが帰ると、心と静が喧嘩で盛り上がっていて。
明るくお帰り~と、今までと変わらず、何もなかったかのように自分を受け入れてくれる仲間がここにもいる。
じんわりきちゃって泣くのを必死でこらえている春太を見て、大笑いな三人。
お~、加代子に無理やり入れられたコーヒーのペーパーフィルターがここで役立つとは(笑)
泣き笑いを誘う、ほんとに面白い回収の仕方でした。

白神メンタル相談所へ行った春太は、自然と笑って楽しそうな報告をしてましたね。
これでだんだんと普通になって行くのかなと。
誰かにアドバイスを受けなくても(相談には行くけど、アドバイスがもらえないし~・笑)、仲間との生活の中で、解決の糸口を見つけられるんだよと教えてもらえるドラマなんだと、改めて思いました(笑)

次回は、春太母と心ママが登場。
更なる嵐、更なるカオスらしいですが、お母さんたちには元気貰えそう~。
心ママが烏丸せつこさんだなんて、びっくり!
久しぶりに拝見しました。
お元気そうで何より(笑)
どんな騒動が起こるのか、楽しみですね♪



追記を閉じる▲



昔の会社で春太が傷つけた子が現れて、想いをぶつけるシーンは、両方とも辛かったよね。
傷つけられた子は決して忘れることのできない傷だし、今更謝られてももうどうにもなることではないんだけど。
春太は自分のしたことを今はちゃんと分かっていて、本当に申し訳ないと思っている。
意味がないということも分かっているけど、謝ることしかできない。
でも彼女が現れて責められたことで、和解はできないけど一歩だけ踏み出せて、過去にけじめをつけられたのかもしれないですね。
ここから前に進めばいいと思う。
幸いなことにそばには、過去にやってしまったことから逃げられない経験を持ってるみやこがいる。
同じように過去の清算を自らして、春太を辛さから少しでも救おうとしてましたね。
お互い壊れずに頑張ろうって仲間。春太だけじゃないってことが言いたかったらしい。
いい子だね、何か良かったな~。
ケンジにはちょっと頭にきたけど。

春太とみやこが帰らないから、心と静は二人で食事をすることになって。
心の告白、切なかったね~。
今までに彼女たちからいろいろ言われてたのね。
今まではあっけらかんとしてたようだったけど、実はちゃんと分かってて、それなりに辛い想いをしてたんでしょうね。
「俺、空っぽだし」
わ~、ズキッときた~、泣けてきたよ~。
静と同感。もう言わなくていいから・・・。
そんなことないでしょ?、誰にでもわけ隔てなく優しく出来る大きな心を持っているじゃない。
心には誰にも真似出来ない優しさが詰まってると思うよ。

この心の告白には静も響いたようで、自分を見つめ直すきっかけにもなったかな。
「素敵な男とちゃんと恋愛をしてる人になりたかっただけかも」
「本気の恋じゃなかったのかもしれないな~」
確かに傍から見てもそんな感じを受けてましたが・・・。
でも静、男前でしたね!
「ちゃんと始めてみよっか、恋」
これ、名台詞かも~(笑)
一瞬茫然として、さよならと言われるのかと思った心。
静の、「言わないよ~」にジーンときて、心のだんだんと潤んでくる瞳に貰い泣きしそうでした。
ここのところの直人さんの表情の変化にはノックアウトだわ。
静は更に愛おしくなったでしょうね~。
春太とのように少し言い合いが出来るようになって、喧嘩に乾杯!(笑)
これって、心の成長か?(笑)
心にはお母さんの様な年上がいいんでしょうね。
こちらも一歩踏み出せた?

春太とみやこが帰ると、心と静が喧嘩で盛り上がっていて。
明るくお帰り~と、今までと変わらず、何もなかったかのように自分を受け入れてくれる仲間がここにもいる。
じんわりきちゃって泣くのを必死でこらえている春太を見て、大笑いな三人。
お~、加代子に無理やり入れられたコーヒーのペーパーフィルターがここで役立つとは(笑)
泣き笑いを誘う、ほんとに面白い回収の仕方でした。

白神メンタル相談所へ行った春太は、自然と笑って楽しそうな報告をしてましたね。
これでだんだんと普通になって行くのかなと。
誰かにアドバイスを受けなくても(相談には行くけど、アドバイスがもらえないし~・笑)、仲間との生活の中で、解決の糸口を見つけられるんだよと教えてもらえるドラマなんだと、改めて思いました(笑)

次回は、春太母と心ママが登場。
更なる嵐、更なるカオスらしいですが、お母さんたちには元気貰えそう~。
心ママが烏丸せつこさんだなんて、びっくり!
久しぶりに拝見しました。
お元気そうで何より(笑)
どんな騒動が起こるのか、楽しみですね♪


【2015/05/24 17:10】 | nao(drama)
トラックバック(0) |

7話~
なっちゃん
ちぃなさん、こんばんは~です。

第7話、笑いあり切なさありほっこりあり…。
潮干狩りの翌日の1日間だけど、充実した(?)お話でしたね。

「ごめんなさい」デーの男子2人、阿部さんだけに『謝罪の神様』かいな~(爆)と思ってしまいました。

郁子やケンジが出てくるくだりは…自分自身も学校時代や職場で心折れる体験をした者にとっては見に詰まされました。
忘れる事は無理だし、謝ってもらいたいけど「済み冷ませんでした」の言葉だけでは起きてしまった事は帳消しにはならないし…。
ケンジの言い分や態度は子どもじみてるな~とは思いますが。
郁子は、もしかしたら寄り添ってくれたり心を癒してくれるような存在に出会えてはいないのかな?だとしたら、いつかそんな人に出会ってもらいたいな、と思います。

で、心さんと静のシーン、ひたすら面白い&可愛い場面でした。
確かに静の言葉は名台詞ですよね!!
帰ってきた春太&みやこと4人で泣き笑いするシーン、まさに心に(ダジャレみたいですが)刻まれました☆

Re: 7話
ちぃな
なっちゃん、こんにちは。

第7話、笑ってキュンとして切なくほっこりでしたね。

郁子やケンジが出てくるところは、昔の体験を思い出された方も多かったかもしれませんね。
確かに起きてしまった事は帳消しにはなりませんが、私だったら、それでも謝ることだけでもして欲しいと思います。
ケンジの言い分や態度は、子どもじみてましたね。
郁子はまだ立ち直れてなくて、寄り添ってくれたり心を癒してくれるような存在に出会えてないのだと私も思います。

心さんと静のシーン、可愛いく良いシーンでしたね。
うるうるしました~。
帰ってきた春太&みやこと4人で泣き笑いするシーン、ここからみんなまた一歩を踏み出すんですね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
7話~
ちぃなさん、こんばんは~です。

第7話、笑いあり切なさありほっこりあり…。
潮干狩りの翌日の1日間だけど、充実した(?)お話でしたね。

「ごめんなさい」デーの男子2人、阿部さんだけに『謝罪の神様』かいな~(爆)と思ってしまいました。

郁子やケンジが出てくるくだりは…自分自身も学校時代や職場で心折れる体験をした者にとっては見に詰まされました。
忘れる事は無理だし、謝ってもらいたいけど「済み冷ませんでした」の言葉だけでは起きてしまった事は帳消しにはならないし…。
ケンジの言い分や態度は子どもじみてるな~とは思いますが。
郁子は、もしかしたら寄り添ってくれたり心を癒してくれるような存在に出会えてはいないのかな?だとしたら、いつかそんな人に出会ってもらいたいな、と思います。

で、心さんと静のシーン、ひたすら面白い&可愛い場面でした。
確かに静の言葉は名台詞ですよね!!
帰ってきた春太&みやこと4人で泣き笑いするシーン、まさに心に(ダジャレみたいですが)刻まれました☆
2015/05/25(Mon) 21:53 | URL  | なっちゃん #-[ 編集]
Re: 7話
なっちゃん、こんにちは。

第7話、笑ってキュンとして切なくほっこりでしたね。

郁子やケンジが出てくるところは、昔の体験を思い出された方も多かったかもしれませんね。
確かに起きてしまった事は帳消しにはなりませんが、私だったら、それでも謝ることだけでもして欲しいと思います。
ケンジの言い分や態度は、子どもじみてましたね。
郁子はまだ立ち直れてなくて、寄り添ってくれたり心を癒してくれるような存在に出会えてないのだと私も思います。

心さんと静のシーン、可愛いく良いシーンでしたね。
うるうるしました~。
帰ってきた春太&みやこと4人で泣き笑いするシーン、ここからみんなまた一歩を踏み出すんですね。
2015/05/26(Tue) 13:01 | URL  | ちぃな #YInHV9pY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック