このお花を見たときは、レ・ミゼラブルを観に行ったらしいから、モリクミさんから来たのかな?と思っていたけど、行ったのは後輩くんの回だったのね。
イズムでもご一緒したし、直人さんからもお花贈った?からかしらね?

ファイナルのお席は、一階最後列。なんか気楽~(笑)
前にも書きましたが、遠いけれど結構いい席でした。
フォーラムでは32列とか46?47列とかあったから、全然 “大丈夫~♪”(笑)
雰囲気全体を感じていたかったから、丸窓は使いませんでした。
てか、持って行ってない(笑)

ファイナルと、初日からの全体の感想が混じってたりします。
ご容赦ください~。






何もないステージに、真っ暗な中、ワゴンがすーっと流れるように出てきて。
音楽は、ん?カフカではないよね?とは思ったけど、違うと言う確信もなく。
天使さんが作られたのね~。さすが、雰囲気出てましたね。
初日ではいつの間にか直人がセンターに立っていたと言う感じだったので、今回は出て来るであろうタイミングをじっと見ていました。
たぶん書棚に隠れて、すーっとセンターに移動したんですよね。
そう思うだけで徐々に胸が高まります!

オープニングは初日の時は覚えてなくて、Go for it!だと思ってた私(笑)
あとで Go~ を歌った時、「あ、じゃぁオープニングは Let it Rock だったんだ」と(笑)←初日ですよ。
でもいいですね、直人らしいまさに和製ロックというピッタリのオープニング曲。
声にも安定感がある。
楽園のドアは開いた、今から徐々に盛り上がった行くぜ~!みたいな。
はい、次の PW と コズ では、これぞ定番のフリの盛り上がりでした。
早くも一体感。後ろから見て完璧でしたね。
ファイナルなので、もう最初から飛ばす気満々!?
たぶん誰もがでしょう~?(笑)
ESCAPE! は色っぽい歌で好きですが、難しいですよね。
アイネ~は、また歌ってくれて良かった。カバーだけど歌い慣れてる歌だものね。
TAXI は期待の曲。これが何事もない様にすーっとここに入って来たのは意外だったけど、だんだんとしっとりと自分の曲にしていってますよね。
utakata も直人の“今”を愛おしく歌ってます。

MCは覚えてることだけ~。
全然正確にじゃないですけど、こんな感じということでお許しください。

「大阪は初めてのファイナル。大阪は暑い。東京と10℃くらい違う。
え?違う?どこかで見たような気がするんですけど~」って言ってたけど、合ってたみたいですね。
東京は寒くて、網戸にしてたら凍えるくらい寒いらしい。
の、“網戸”にみなさん反応~(笑)
庶民的発言にびっくり、ほっこりですが、以前喉のためにクーラー付けないって言ってましたものね。
今は網戸もロックできるものもあるのかな?窓は開けててもロックする補助具がありますよね。
って余談ですが~。

セットのことは、倉庫に見に行ったとき感動して、写メいっぱい撮っちゃったとか(笑)
「早くみんなに見てもらいたかったんだよ」って言ってくれたのが嬉しかった~。
基本全て、私たちの喜ぶ顔を考えてくれてるって感じですもんね。
「僕んちが大きければ持って帰るのに~」に対して「入る入る!」の声。
「入る入るって、みんな僕んち知らないじゃん!」
も面白かった~。

今日は最後なので、リハの時に客席からセット(ワゴン)を見て綺麗だと思ったそう。
「でも、こちらからの景色も綺麗なんですよ」って。
ペンライトがだと思うけど、みんなの笑顔や揃ったフリにきっと嬉しさでいっぱいだったんだろうなぁと思います。
本当に嬉しそうなニコニコな顔してましたもん。
ペンライトのことは、赤ばかりだったらと、ナウシカのオウムを連想したみたいですけどね。
感覚が独特だわ~(笑) 直人、ナウシカ、好きなんですよね。

今までの曲を、藤木直人のフォルダ作ってiTunesに入れたら9時間半あったそうで。
全部やったら9時間半のライブになっちゃうと。
「やって~!」の声だったのかな?
「さすがに勘弁してね。無理っす」って言ったかな。
うん、そりゃ、キツイわ。
なので、またメドレーを作ったんですね。
お座りタイムは本当にありがたいね~(笑)

サンクフル、So Long、プラネタリウム、パズル、SPYDER03、七色

So Longは好きな曲だし、プラネタリウムも懐かしいし、アコギのパズルは原点って感じだし、何たってまた映像入りのロックスパイダーが復活したのは嬉しかったです。
「杉崎桃子を怒鳴ったりしています~♪」はクスッ・・・でした。
これからまた新しい作品が増えると、この曲も長くなって行くのかな~(笑)
役者の振り返りを入れられることが、直人ならではですね!

皆さんがドキドキするコーナーがやってまいりました!のピアノのコーナー。
Real Heaven 私は生で初めて聞いたかも。
難しい歌だと思ってたけど、すっごく安定してる。
まさにピアノ曲!でしたね。
そうそう、♪君に逢えて ようやく気が付いた 楽園は・・・此処にある~♪ですよ!

愛してる は絶対だと思ってました。
やっぱり切ない歌はいいよ~。直人の声に合ってるし色っぽい~。ため息出ちゃう(笑)
松下さんより簡単にしたバージョンかもしれないけど、綺麗なピアノの音でした。
会場からの「愛してるよ~」に「ありがとう」って返したのが自分のことのように嬉しかった(笑)
私たちの想いをちゃんと受け止めてくれたのね。

タイムトラベル これをピアノでね~。
アップテンポな曲を立ってガンガンに弾く直人がカッコイイ~
脚の長さが良く分かる(笑)
いろんなピアノ曲を見せてもらいましたね。
どれも忙しい中、一から練習を重ねたんだと思うと、本当に頭が下がります。
手は震えてたみたいだけど、完成度は高いのでは?
そう思うだけでウルッときちゃいます。

ここからは益々ハイテンションになる、盛り上がる曲たち。
Go for it!は、化けましたね(笑)
毎週聴いてるからか、少々聴き飽きた感のある(ごめ~ん)曲だけど、あんなカッコイイ曲に仕上がってて。
直人の煽りはライブならでは。いい曲ですよ~、ホント♪

ファイナルでは説明がなかったけど、自分の出た作品の主題歌には思い入れがあると。
ケラケラの スターラブレイション
直人って、意外に人の歌って上手いんですよね(笑)

恋のROCK'N'ROLL!DRIVE! ここからはみんなもガンガン踊りま~す!
Tactics  は直人のダンスをじっくり堪能させてもらいましたけど。
新しいことよく短時間に覚えられるよね~。素敵でした。
SAMURAI FUNK は、ちゃんとしたダンス復活!
間奏で踊りまたマイクを持って歌う。よく息切れないで歌えると思うわ~。
愛のテーマ は、私たちラブラブですよね(笑)
「愛してるぜ~!」が聴きたかったけど、大阪バージョンで「めっちゃ好きやねん!」でした。
ヘイフレ は前奏が・・何回聴いても、なんの曲だろ?って思うくらいカッコ良くアレンジしてあって。
バズーカ砲の金銀テープ、今回はまったくでした。当たり前(笑)
これ、完璧に踊れます~。もう沁みついてる(笑)
ちょっと席が狭かったので思いっきりは踊れませんが。
ミチタリタセカイ はPWのアンサーソング。
みんなと歩いてきたことを言葉にしてくれたみたい。
PWと同じ縦振りが、回を重ねるごとにだんだんと揃うようになって来たと思います。
ちょっと目が潤んでましたよね。
♪数えきれないほどの夜をみんなで越えて来たんだ~♪のところ、二人をみんなに替えてくれて、両手を広げて歌ってくれました。
にっこりいいお顔で。
これからも、直人とファンみんなで越えて行こうね~。

この間のMCは・・・。
大阪からだと埼玉よりソウルやシンガポールが近いんじゃないの?とか言って、え~!とか言われてましたね(笑われてた?)
私は“関空”は、直人のアクセントです。
関西の方が違うだけだよ~(笑)

新しいギターの話。弾くと十字が光るそうで、「ぴかぴかぴか~」って言ったのが可愛かった。
光らせてくれたけど、オープニングのはもう確かめられないけどね(笑)

アンコールは、anon
その前に、グッズの販促。Wポーチ。
「絶対売れてないんだよね(笑)」と直友さんに耳打ちしました(爆)
ラインナップが発表になった時、買おう!と思ったけど、値段見ると高かったんだもん。
でも直人が私たちのことを思って一生懸命考えてくれたんだよね~。
そして私、バッグの中、ぐちゃぐちゃじゃないのよね~(笑)どうしよう(笑)

ゲストの橋口くん登場。
だんだんとこのコーナー長くなってます(笑)
橋口くん、今日から“ハッシー”です(笑)
この先輩後輩のやりとりが面白いのよね~。いつまでも見ていたい。。。
でも今回ばかりは、早く終わって欲しかった気も。
だって、日帰り直友さんたちのタイムリミットが迫ってるんだもの。
初の試みのこのコーナーがなかったら、ダブルアンコールまで観られたんだけどね、たぶん。
(加筆)でもこのコーナーがなければ良かったのにとは思ってないですよ。
後輩を思う頼れる先輩・直人の素敵な顔と、先輩を慕う橋口くんとのやりとりが観られたんだもの。
こういう機会じゃないと観られないものだと思うから。

そして、ここでさ~言っちゃったよね(笑)
「橋口くんくらい歌が上手かったら、ピアノや踊ったりはしないんだけどね」みたいなこと。
「でも楽しいんだけどね」とも。
はい、私たちも楽しいので、これで良かったのよ!
でもダンスはだんだんとついて行けなくなるかも・・・それが悲しい(笑)

大丈夫 直人もずっと口ずさんでたし、ハモりも優しくて~。
会場もしっかり踊ってました。
楽しかったね。
ハッシーくんもきっとこの感動の景色は忘れられないでしょうね。
絶対いつか近いうちに、このホールのステージに立てることを祈ってます!

最後は、OH!BROTHER! お決まりですね。
今回のメンバー紹介では、メンバーの方たち、素直にピョンと降りてきてくれなかった(笑)
ガクッとなるよ~。
そしていつものように手を繋いで深いお辞儀。
今回は遠いので、詳細は見えませんでした(爆)
いいお腹してたんですって~?(笑)

絶対ダブルアンコールもと思い、呼び出し頑張りましたよ。
声は出せなかったですけど。
「こうやってライブが出来るのは、久しぶりにライブをやっても遠いところから駆けつけてくれるみんながいてくれるからこそ、できることだと思っています。本当に感謝しています」
と言ってくれました(言い回しは違うでしょうけど)

そして、中野でやった曲、陽のあたる場所
1番のサビくらい?直人の顔がくしゃくしゃになっていき、ほとんど歌えなくなりました。
みんなの顔が見えたんでしょうね。
何度も歌おうとはしてるけど、声にならない。
口元に手を持って行ってたのかな。でも正面を向いてくれてました。
代わりに会場みんなで大合唱。
歌詞があやふや(1番と2番がごっちゃ?)ながらも、歌いましたよ。
あまりに歌えない時間が長いので、もらい泣きしそうでした。でもぐっと堪えたよ~。
やっとこさ、最後頃戻ってくれたという感じでしたね。
直人の涙は本当に綺麗。
いろんな想いが重なった涙だと思います。
もう二度と戻せない大切な空間の一コマでした。
直人はちゃんと歌えなかったことが悔しかったかもしれないけど、相応しい感動の締めくくりでしたよ。
いや~、今頃になってまた泣きそうになってしまったわ。
こちらこそありがとね、じゃあね、バイバイ!
でもまた遠くないうちに会いたいね

直人の涙が見られたからこそ、想い残すことなく会場を出られたような気がします。


今回MCレポもしない予定だったので、あやふやな感じの感想になってしまいましたが、初日に初めてセットリストを控えたので、
ダラダラと長い文章を書いてしまいました。
途中でやめられなくなっちゃって・・・(苦笑)
当然抜けてる事も間違ってることもたくさんあるかもしれませんが、もうこれでいいかな。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました 

愛してるじゃなくて、愛おしい。。。
直人さんはそんな存在です。

2015.09.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://painting96nf.blog92.fc2.com/tb.php/3041-f2175f4a