2016_10
11
(Tue)20:42

なおひとくん♪

『かもしれない女優たち2016』、良かったですね。
久々にすんなりと、ハッピーな気分にさせてもらいました~ 
最後があっさりとなのは前作でも思ったので、ああいうものかなと納得(笑)
バカリズムさんの書かれるものはハッピーエンドって聞いてたこともあるし、良かった良かった~!という感じ。







前作を観ていてどんな流れでいくのかわかっていたので(でも、同じとは限りませんけどね)、一人一人のストーリーをじっくり観ました。
直人さんが出ていなくても飽きることなく引き込まれていったというか。
三人のストーリーが最後どう絡んでいくんだろうと思ったら、目が離せなかった~。

一つ心配していたことは、本人役を演じるということで、直人さんがどんな風に描かれているかということ。
普通のドラマだったら、“役”なので、二股だろうが不倫だろうが全然かまわないんですけど(笑)、本人役であんまり嫌な人だと変なイメージ着いちゃうような気がして・・・
途中で、「他に付き合ってる女性いないよね~?」とか「いやいや、ほんとに奥さんいないよね~?」(←これは現実的ですからね・笑)とか思って、珍しくそんなことでちょっとドキドキしちゃったわよ(笑)
まぁ藤木直人役ではあったけど、実際とは違う会社社長役だったし、直人くん、いい人で良かったです(笑)

最初は俳優・藤木直人としてだったけど、ドアを開けたら井川さんのストーリーに入り込んで社長になってた(笑)
だから直人さんも“役”として演じてたんだろうな~とは思ったけど、やっぱり近い役でやりやすかったのかな?
すんごく自然だったもの。
穏やかな直人くん、時々素な感じ?と思えるようなところもあって、なんか不思議でもあり新鮮でもありましたね。
アラフォーなのに「直人くん」「遥ちゃん」呼びがくすぐったいような気もしたけど、微笑ましくて良かったですね(笑)

それにしても、広末ちゃんが最初にお掃除していた豪華なマンションが直人くんのお家だったなんてね~。
その時は思いもよらなくて、本人さんを感じさせるインテリア小物に気付きもしなかったけど(笑)
途中で、おっ?!そうなのか~!と気付きましたが(笑)
上手く繋げるものですよね~。
あとからじっくり見直しちゃいましたよ(笑)

予告の「えっ?俺?」から、もっと天然な人かと思ったけど、とっても穏やかで真面目できちんとした直人くんでした。
彼女にあんなに誤解されてキレられて罵倒されてるのに、な~んだそんなことだったの?と許せちゃうなんてね。
そうそう、プロポーズがスロダンの英介さんと同じで、ストレートでしたね~。
広末ちゃん、横で聞いてて思い出さなかったかな~?(笑)

前作の最後は、確か「スターウォーズに出演」を掴んだ話でびっくりしたけど、今回はタイム誌と、まだ上を行くノーベル賞でした(笑)
女優じゃなくてもちゃんと仕事で成功を掴んでのハッピーエンドも素晴らしいことだけど、なんたってハンサムで仕事が成功しててお金持ちで性格もいい直人くんという彼氏と結婚できた遥ちゃんが一番羨ましいかも~。
一番の幸せだよね。
そののち、また好きな仕事も見つけられるかもだし。

それにしても、井川さんとの並びは落ち着いた大人のカップルで美しかったです~。
これからも、こんな女性が傍にいてほしいものです(笑)
というか、井川さんと是非また共演してほしいわ。
大人のラブストーリーでね

みなさん、楽しいお仕事だったんじゃないでしょうかね?
後味のよいドラマでした~。

前作もキューブ率高い?と思ったけど、今作もたくさん出演されていましたね。
しっかり協力してたんですね。
エンドロールで確認しました、いろいろと (笑)





C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント