標的三人目、嘘の供述をさせた刑事、三輪でしたね。
前の二人は、今でも悪事を重ねていたけど、三輪刑事はあの事件に関わったことを心から後悔していて、その後誠実に生きて来た良い人でした。




今回も隆社長の勘は鋭く、30年前の事件の関係者が次々と失脚させられていくのは、浩一が関わっているとは睨んでいるけど、それが何故なのか、浩一とどういう繋がりがあるのかまではまだ掴めてないですね。
ましてや、千葉陽一と浩一が同一人物だってことにも。
千葉陽一はオーストラリアだし(笑)
まぁここで分かっちゃったら、展開早すぎるものね~(笑)
でも、あと一歩まで浩一を追い詰めたのに、鮮やかな手口に嵌められたというか、洗脳された三輪刑事が、この数々の出来事は “報い” と受け止めて、浩一に詫びて庇うという行動に。
三輪刑事が、この人だ!と言ってくれれば、隆社長も浩一をもっと追い詰められたのに、全くの想定外でした。
あの時の呆然として、何も口を出せなくなった隆の表情が素晴らしかったわ~。
もちろん三輪@六平さんの、耳も頭も真っ赤にした熱演も流石でしたね。
しかし隆社長まだ負けてはいない。
歯がゆいのは純粋な楓ちゃんね~。
あの三輪刑事の涙ながらの魂の謝罪は、単に浩一が人違いで呼び出されたことへの謝罪には見えないでしょ?
何かがおかしいとは気づかなかったのかな。何も感じなかったのかな。
頭のいい医者のはずなのに、とっても鈍くて歯がゆいです(笑)
恋心が鈍らせてるんでしょうけど。

隆さん、社長の座を受け継いだ時に、父の罪も受け継いだと。業だと。
すごい精神の持ち主だわ。あの事件を公に出させないため、そして会社と家族を守るために、何事にも厳しくなったってことなのでしょうか?
晃兄さんには出来ないことがもう見て分かりますわ(笑)
でも、本当に全ての真実を聞かされているのかな~?
正義の人なのに、父のあの大罪を受け入れられるものなのか、ちょっと疑問です。
今は脅かす人物から大切な人や物を守るということが、彼にとっての正義なのか。

次のターゲットは事件の発端となった大学生とその母親の代議士、四条なんですね。
当時子供であり何の関係もなかった隆さんの、一番苦しい立場に立って立ち回らないといけない姿を観るのは辛いところですが、
その表情や演技に見応えがあります。萌えます(笑)
会長@市村さん、もうこれ以上隆さんに汚れ仕事をさせるわけにはいかないと言ってますが、そうよ、まだお元気なんだからご自分が身体を張るべき。
本当は被害者側の浩一を応援しなくちゃいけないところなんだろうけど、いや、人をだまして陥れるのはちょっと  なので、ついつい二科側に肩入れしちゃう方に傾いてますが、視聴者のどちら側につくか、その何ともとも言えないバランスが面白いんでしょうね。
4話も楽しみです。


2017.01.31 / Top↑
Secret